スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪原でヲ花摘み
2006年04月14日 (金) | 編集 |
狩り場の上のほうに廃墟がありました

廃墟を見回り

疲れたのでお邪魔して
一休みしようとしましたが
扉が閉まっておりました

不良の溜まり場になるといけませんので
戸締りがシッカリと施されております
この廃墟の大家さんは
シッカリ者のようでございます

そんな道草を繰り返しつつも
狩りに勤しんでいる最近ですが
またも嬉しい名乗りがありました

メイさんの名乗りw

ギルメンのメイさんが
虎女のハートを射止めたのでございます
おめ―(・∀・)―w

今だユニークモンスタァを
一度も狩れていないワタクシは
相変わらずマイペースに
狩り場でマッタリと過ごしております

金猿人はアクチブではないので
黙って座っていれば襲ってきません

きんきん

のそのそと歩く金猿人を
「なんだ この猿は」 と
どらみも珍しそうに眺めておりました

カラコラムへ行く通り道になっている為か
その狩り場には通行人の方々が多いです

ヲ声w

こちらもヲ声w

奥地の隅っこでコソコソと狩りをする
コッソリ症候群のワタクシでございますが
狩り中や通りすがりに立ち止まって
ヲ声かけて頂けるのはホント嬉しいです (・∀・)ノ

それから前に街でヲ声かけて下さった
○ッ○ー部隊のあの方とも
狩り場でご挨拶を交わしました

ヲ約束w

ヲ約束のご挨拶でございます
(ギルド名バレますが何か (・∀・) 笑

多少 猿人の濃ゅい顔と図体のデカさに
飽きてしまったワタクシは
爽やさと冷ややかさを求めて
少し雪国へ出張しようと試みました

雪原は少し心細いので
ロックさんの後ろについてゆく事にしました
強い者には巻きつこう精神でございます

パン切りナイフ

既にロックさんは両肩へ
派手な 立派な太陽を二つ浮かべております

自慢の槍はピカピカになっていますので
その強さを 利用 駆使して頂いて
雪原を案内して貰う事にしました

初めて間近で見させてもろた7級の槍は
8ちゃんに聞いていた通り
「パン切りナイフ」 のような形
パンが良く切れそう
すごくカッコイイ槍でございますw

ちょっと氷のヲ花を狩ってみよう
と思い立ったワタクシは
白い蜘蛛や青い蜘蛛を避けて進み
雪原に咲くヲ花の所に向かいました

初めて見ましたが
青くて氷が舞っている
綺麗な綺麗なヲ花でございます

氷のヲ花

しかしビキニを着ているとは
ワタクシでさえ想像しておりませんでした
ワンピースではいけなかったのでしょうか?

吹っ飛んでくし

試しに狩ってみましたが結構イケました
倒されて吹っ飛ぶ様が
少し痛々しいと思ってしまうのは
ワタクシだけではないハズです

氷花ちゃんぷ

そのあと出現してしまったチャンプにも
頑張って立ち向かってみました
身体の硬さが幸いして
中ポットだけでも何とか狩りは
できそうな手応えでございます

あと一つレヴェルが揚がったら
今度は本格的に氷のヲ花を狩りに
この地へ来ようと思われます

そんな最中
波ちゃnも雪原へと遊びに来られ
凍らない身体の効果を発揮すべく
白蜘蛛に挑戦しておりました

目を放した隙に
HPが殆ど黒く染まっていたので
慌てて粘着ヒールを繰り返しましたが
白蜘蛛の凍結攻撃などには屈せず
無事に倒しておりました
凍らないの羨ますぃ (´Д`

凍らないのうらやまw

白蜘蛛は範囲攻撃らしく
闘っていなくても近くにいるだけで
ダメージや凍結攻撃がキてしまいます

ロックさんが戦闘中の波ちゃnの隣で
見事に凍結していたという事には
敢えて触れないでおきましょう

そんな感じで気分転換をしていると
とうとうゴルチェケが終わりを迎えました
時間に追われて頑張った約1ヵ月
少しココで小休止をして
マッタリ狩り&マッタリレヴェル揚げを
楽しむ事に致します

時間に余裕ができたので
ワダの河のほうへと観光に行ってみました

高い所しゅきw

どしゃ降りの中でも高い所に登って
雨滴に煙る滝と建物を眺めました

いつも通っているハズの渡し口も
よくよく見てみると
やっぱり綺麗な場所でございます

トリ。。

足元で動くトリの可愛らしさに見惚れ
しばし佇んでいたりもしました

しかし端から見ると包丁を持って
トリを待ち構えているようにも見えます
決して〆たりはしておりません

風車

渡し口の裏手には立派な 風車 水車もありました

ぱらそるぅ

船着場のパラソルの下で
船を30分ほど待ってみましたが
いっこうに船なんて来やしません
しかしこのパラソルは気に入りました(笑

その周辺には
ほぼ人も敵も居ないのですが
そんな綺麗な場所が多く見られます

滝

大きな滝を眺めながら
マイナスイオンを存分に浴びて
心もヲ肌も健やかになりました
またマッタリと頑張っちゃおっかな

しかしこの後 滝に近づきすぎてしまい
重すぎてパニクッてしまったのは
いい思い出でございます(笑
コメント
この記事へのコメント
風車・・・
見事に凍結してましたが、なにか?(笑)

風車・・・

スゥ、それはね、

水車ですよ・・・w

と、ギルチャで風車風車言ってるときから
ずっと突っ込みたくてしょうがなかった・・・(´ー`)ノ
2006/04/14(Fri) 04:40 | URL  | ロック #-[ 編集]
あ、ホントだロックさんの指摘どおりブログの記述にも
風車って書いてありますね^^;
これに気付かず、楽しくブログを拝見させて頂きました。
自分はLevelingに忙しく立ち回っているので、スゥさんの
ブログでいろんな景色を楽しめます。

これからも頑張ってね^^

まさ
2006/04/14(Fri) 08:48 | URL  | 黒田長政 #UTCLXZH2[ 編集]
八卦
道服の肩の、スゥさんの言う「太陽」と言うのは、占いなどで知られる【八卦】を意味した方位除けを意味しているのでございます。
近くに寄って、よく見るとわかりますが、大韓民国の国旗に描かれているような図柄に漢字が回っているのがわかると思います。
陰陽に属し、十翼(じゅうよく)という経に読む八卦でございます。
「八卦:はっけ」
2006/04/14(Fri) 10:22 | URL  | おっきな@ #HS.Xv4jc[ 編集]
間違えた―(’А`)―ッ
ロックさんへw
ご指摘ありでございます Σ(*´∇`*;)ま、まちがぇた恥ずかすぅぃ
遠慮なくギルチャで突っ込んで下さいwww
オモロぃのでそのまま風車を記載しておこうと思う罠(笑

まささんへw
たまに時間を見つけてマッタリと観光もいいものですよw
レヴェルはさっぱり揚がりませんが日々楽しんで頑張ります(・∀・)ノ

おっきな@さんへw
この間ヲ会いした時には丁寧なヲ辞儀をありがとうございますたww
ヲヲあの太陽は 「はっけ」 というのですねw
文字がくるくると浮かんでいるのはヲ見受け致しました(´∀`)
通称 「太陽」 として崇めております(笑
ワタクシも昔は道服でピンクのクルクルを肩につけておりましたw
太陽が付けられる年齢になるのは何時になることやら(笑
2006/04/14(Fri) 19:57 | URL  | スゥ #NkOZRVVI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/15(Sat) 20:06 |   |  #[ 編集]
ポイニョ
2006/04/17(Mon) 01:28 | URL  | rex #-[ 編集]
いらっさぃませw
○○○さんへw
カキコありがとうございます(´▽`〃)
ほのかになめらかさを感じて頂けてうれちぃですww
芸の無いブログではありますがコレカラもがんがりますので
ドゾよろ~(・∀・)ノ

れくしーへw
( ゚д゚)<ポイニョ ポイニョ ポイニョ (笑
2006/04/18(Tue) 01:37 | URL  | スゥ #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。