見習いチキン商人の旅
2006年02月10日 (金) | 編集 |
交易のしかたも少し理解できたワタクシは
30代前半だったある日
一人交易に挑戦してみようと
憧れのラクダと商人フラッグを購入致しました

特産品を買い込み
勿論★1で詰めるだけ積み込みます

らくだ

いそいそとラクダを召還し
初搭乗でございます

ラクダに乗れたのが嬉しすぎて
街中も無意味に乗ったまま歩き回りましたが何か?

ひとり

勿論ハンタさんを雇う金がないので
一人でNPC盗賊や雑魚敵をケチらしながら
鈍足でトコトコと荷物を運んでくれる
ラクダちゃんを守り進みます

何て可愛らしいラクダでしょうか

ラクダちゃんにはワタクシだけが頼りなので
必死にワタクシの後をついてきます
ホントに足が遅いです

しかしこのラクダちゃん
HPだけは物凄い高いので
少々放っておいてもナカナカ死にませんので
NPC盗賊をタゲるのが下手なワタクシでも
余裕で守れます

憧れていたラクダちゃんとの二人旅

道中では
狩り中のハンタさんが
雑魚敵を片付けてくれたりして
とても有りがたかったりします


たま~に心優しい一般の方も
NPC盗賊に攻撃して助けてくれたりします

でも道沿いで狩りしている一般の人は
レヴェルの高い商人に着いてくるNPC盗賊に
遣られてしまう事があったりするので
有りがたいけど
そのセイでシんだらどうしよう;と思ったりします

ワタクシも峡谷で ただ狩りをしていただけなのに
レヴェルの高い商人が置き去りにしていった
ネームが真っ赤なNPC盗賊3人(!)によって
瞬殺された事があります;

こういうシステムのゲィムだから仕方ないですが
道沿いで狩りする時
商人が通りすぎてゆくまで
ちょっと離れて待機するようにしております;

長安に着いて品物を売ると
7満くらい儲かりました
うまー(*゚д゚)

時間かけて★1で交易するよりも
狩りでドロップを売ったほうが
実益になるのも確かですが

ラクダちゃんとの旅は
ワタクシとっても楽しいです

長安~敦煌までならマッタリと行けますので
何回も遣っていたら
商人ランク2に昇格致しました(´∀`)

そのレヴェルで
★1で
たとえチキンだと言われても
アアそうさ
俺はチキンさ
と胸を張って言うでしょう

しょうにん

また時間が空いたら
一緒に交易をマッタリ遣ろうねと
青空の下
ラクダと誓い合ったのでございます

★1でね