おわりなき追憶
2011年05月01日 (日) | 編集 |
しーするー隠身服を着るためだけに
盗賊へと転身してみた ある日のワタクシ

ひさびさに着てみますた

本名を隠せるので
仮名って便利ですね (*´ω`*)

なぜ小銭を稼げる商人から
盗賊家業へ転身したかと言うと

どうやら商人という職業自体が
無くなってしまうウプデートが
強制執行されてしまうらしく

なんでもないようなことが~(´Д`

ロード第二章と言っても
あの第二章とは無関係なモヨウ

なんでもないようなことがあああ

それから何故か
それぞれの高位な職業装備
紅商旗・五輪・隠身服の三つが
全部ゲイム内で削除されてしまうという
ショッキングなウプデートなのです

ハンターは早々に引退済

五輪は一度買ってみましたが
ハンターという職業がまるっきり
向いていないと知ったワタクシは

マイクと一緒に潔くステージへ置いて
早々に引退していた次第

つまりとっくに売っぱら(ry

でも紅商旗のほうは
一番長く付けていた
愛着のある装備でした

一本より二本、二本より三本

一本より二本の旗がカッコイくて
買った時はテンションも上がり
誇らしかったのを覚えております

そして一番印象深い職業装備は
盗賊の隠身服でございました

シルクロウドの服の中では
一番好きな服でしたので
着れなくなるのがとても寂しいです

なのでウプデートで消される前に
もう一度だけ着ておこうと

商人を離職してプータロウになり
盗賊村の組合員の前で7日間
昼夜を問わずメンチを切りながら
転職できる日をひたすら待ち続けたのでございます

7日間の徹夜

そして無事、隠身服に身を包むことが叶ったのです

☆-(ノ゚Д゚)八(’А`)八(゚Д゚ )ノ オウ イエーイ

この隠身服だけは自分で購入したものではなく
以前に コマさんとエンさんから頂いたものでした

せくしーしーするー

当時ギルドの女性たちそれぞれに
3つの高価な職業装備を
ヲ2人がプレゼントして下さって

盗賊服が大好きなワタクシには
隠身服を下さいました

(つ∀`)(つ∀⊂)(´∀⊂)すけすけだー

普通の真っ黒い盗賊服とは違い
なんともスケスケでせくしーな
しーするー感がかっこよくて嬉しくて
暇さえあれば着込んで眺めたものです

売っていた当時のヲ値段は1Mで
決して安い金額ではありませんでした
そしてワタクシの中では金額などでも量れない
思い出がたっぷり詰まっている服です

それらをすべて
無に還してしまうのが新生というならば
やっぱり非常に悲しいことですね

しかしワタクシごときには
結果を冷静に受け止めるしか術がございません

怒゚Д゚)怒゚Д゚)怒゚Д゚)ゴルァゴルァゴルァゴルァゴルァ:∴;'・ゴルァゴルァ
ウプデートハンターイハンターイハンターイハンターイヽ(#`Д´)ノ┌┛〃
( ノ`Д´)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・カエセカエセカエセカエセカエセカエセカエセカエセ

ウプデートを冷静に受け止めつつ
町中で 呆けて 佇んでいた時には

仮名なのに①

仮名なのに②

仮名なのに③

仮名なのに何故か正体がバレてしまっています
不思議ですね ( ゚д゚) ナゼ ホワイ

中にはこんな無言の愛情を注いでくる方なども

びぜのいたずら (´∀`)ノ)゚∀゚ )

(名前はかくしておきました)

そんなやり取りに心を潤していた時
何だか目の前に画数の多いヲ名前が
チラチラと映るのを発見

なんて偶然でしょうね

(画数が多すぎるので名前はかくしておきました)

才ャス彡_〆(ΘωΘ*)。o○

ワタクシあまりゲイムにインしていなかったので
こんな偶然に出会えるなんて事は無いだろう、
きっとこれは夢だと思い込んでおりましたら
間違えなく本人でございました (*ノ∇`*) ヤーネー

ロックさんも鍛錬していなかった期間が長いので
柔らかくてすぐシボウしちゃうと自分を嘆いておられましたが

ロックさんが知系でやわらかいのは元からですよと
しっかり判りやすく丁寧に伝えておきました

今回のウプデートでは五輪が無くなるので
ハンターとして立派に生計を立てているロックさんも
五輪からハンター服に着替えなくてはならず

さいけでりっこなジャージ

中国製ハンター服 ( 通称:青ジャージ ) の
サイケデリックな青色 ( ← ここぽいんと ) を着込み
これからは生きていかなくてはいけないそうでう

う、うん、とても似合うよ(ぁ

そういえば
最初のころは商人・盗賊・ハンターを自由に
選べた時なんかもありましたよね (´・∀・)ゞ懐かし

職業対立はまた新しい形へと変化した訳ですが

しーするーに身を包めた日々

ラクダの 「すぅざん」 の背に揺られながら
商人として色んな場所に交易へと出かけた日々

それこそが至福の一時であったこと

そう、今まさに思えている訳でございます

二度とは取り戻せませんが
それらの思い出は、決して
消えることも褪せる事もございません

すぅざんふぉーえばー゚・:*:・。 (=゚ω゚)ノ

また、その上に新たな思い出を
ひとつひとつ積み上げていくのでございます
(@´∀`)人(´ω`o):*:゚'★。:*:♪