スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遺跡の端っこで
2006年10月28日 (土) | 編集 |
そろそろ クェも貯まってるので
決意も新たに石窟へと向かいました

いってみるわ私!

土狗というムシ部屋の狩り場は
石窟の玄関口からすぐ横にあるので
ありがたい事に迷わず辿りつけます

温泉ねーと怖ぇし

前に一度チラッと狩りに来てみましたが
狭い部屋にワラワラと沸くムシが
一斉にワタクシへ襲い掛かってきて
軽く集団リンチにあったため
やはり温泉がないと苦行だと気づきました

ですから温泉レヴェルを適正まで揚げて
力士土鬼までの防御に成功致しました

自分のNPC盗賊も防げるんだょ ママン (´∀`)b

でも弓使いさんのように
遠距離攻撃もできないし
知系な魔法使いさんのように
攻撃力が高い訳でもないので
やはり戦闘時は囲まれてしまう
接近戦な曲刀使いのワタクシ

一匹ずつなら何とか

石窟という場所は堅い力寄りでも
気を抜くとシボゥの一歩手前まで
HPを削られてしまう難所です

物理攻撃用に肩と腰だけ鎧を装備し
時折 温泉へと逃げ込みながら
ショボショボと果敢に戦っております

青ぃ色のムシはパッシブ
赤みがかった色のムシはアクチブ
ちゃんぷは茹で上がったカニのように赤ぃです

ムシというより
ヤドカリが宿から抜け出たような
いびつな形の奴らは
体にフィットする宿を求めて
部屋の中を行ったり来たりしております

かかってこい ヤドカリ (・∀・)ノ

むしGGGG

アクチブのほうはまだオレンジなので
ムシGを相手にするのも時間がかかり
赤POTが湯水のやうに消費され
ヲ財布にも負担が掛かりますね

これ以上ワタクシを
貧乏にしないで頂きたいものです

しかしもうちょっとで手が届く
8級曲盾のために
新たに28GTを発動させ
オレンジネィムの敵を狩る日々

でもワタクシの一番の敵は
オレンジネィムのモンスタではなく
入り組んだ石窟の道でございました

手前のムシ部屋が混んでいる時は
奥のほうに有るムシ部屋へ行くのですが

狩りが終わって帰ろうとした時に
出口を間違えてしまうと
まだ戦いたくもない兵長部屋に迷いこみ
帰る事ができなくなってしまうのでつ

ワタクシは石窟から出たいというのに
ますます石窟の内部へと進んでしまい
仕方なく帰還書で脱出する毎日

ヽ(´Д`ヽ;) 三 (;ノ´Д`)ノ ココカラ ダシテクレー !!

狭いので増築をキボンヌな石窟ですが
増築されると更に迷ってしまいそうで
葛藤が生じる今日この頃

力が漲りますょww

僕がんばる(´∀`)o

そんな苦しい狩りの合間にも
ヲ声をかけて下さる方がいらっしゃり
ああ、道に迷っている場合ではないわ
狩り及びブログを頑張らないと (n・∀・)η
と強く心を打たれるワタクシでございます

ヽ(*´ー`*)ノ ありがとうございます☆

先日は我がギルドにまたヲ一人
体験入団へと訪れて下さった
ハイジさんを交えて
特価交易にも行きました

ぺかさんといっしょにw

まだハンターに就職したてで
NPCの襲撃に軽くシボゥしてしまうハイジさん
しかし そのガッツ溢れる心意気に
感無量でございましたw

ますます賑わう日々を楽しみつつ
がんがっていこうかと思われます (〃´ー`〃)

そして以前ヲ声をかけて頂いた方からも

counterueww

姉貴討伐のヲ祝いを頂いて大変嬉しく
放置中でヲ返事できずすいませんでした
やっと倒せましたよ~ぅ ヾ(o´ω`o)ノ

suumankaieww

そしてこのへなちょこなブログにも
暖かいゴ声援を頂けて力が漲ります
数万回のありがとうをヲ返し (ノ*´ー`*)ノエイ 三【感謝】

そういえば最近は
自分のィシュタル討伐もありましたが
ギルメンさん達の中にも
ユニィク討伐ラッシュが到来ッ

ナギちゃんおめめめめw

ホタさんおめめめめwww

きしりんおめめめめめwww

ナギちゃんとホタさんとXiさんが
ゥルティを続けざまに討伐されました
(〃´▽`〃)ノ ☆゜´・:*☆オメデトォ♪

ゥルティはナカナカ
見つけるの難しいんですよね
討伐できてスゴィなぁ!(*‘ω‘*)

ユニィク討伐が続く最中に
ロックさんがタクラマカンのニヤ遺跡で
骸骨皇帝ことドカンを待っていました

真夜中になっても現れないようで
狩りが一段落したワタクシも
遺跡のコロシアムへ向かう事にしました

向かう途中 法師にウマをヌッコロされ
あわやシボゥする所だったとかナイショ (*ノωヽ)

ドカン待ちの高レヴェルな人々が
チラホラとコロシアムに点在する中
しょ○かさんもいらっしゃったので
一緒に見張っている事にしました

ドカンを待ちきれず
安らかな眠りにつこうとした藍さんから
「端っこのほうに沸く時もあるよ (・∀・) 」
と貴重なアドヴァイスを頂いてたワタクシ

鎧ウマに跨って
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐると
忙しない動きで真夜中のコロシアムを
徘徊しておりました

あの伝説の公式イヴェント以来
骸骨皇帝を見た事がないワタクシ
あの時も遠くからほんのちょっとだけしか
見る事ができなかったワタクシ

今夜ちょっとでも見れるといいなー
なんて気軽に乗馬を楽しんでいると

あの~あなたはもしかして(・∀・)

( ´゚д゚`) はッ・・・

こんな端っこに・・・

一瞬 どっかから迷い込んだ近くのモンスタかと思い
3秒くらい頭脳が止まってしまいましたが
タゲってみると間違いなく 『ユニーク』 の文字が !!1!

また会ぇたね皇帝 (・∀・) ョッ、久しぶり !!

端っこすぎて
ドカン待ちをしている他の人は
誰も気づいておりません

急ぎギルチャにてロックさんに速報!
(´Д` ドカンいた、ココよ~ココよ~!!!

誰も気づいてないのでwww

ロックさんが到着しても
他のドカン待ちの人はまだ誰も気づかず
一騎打ちに突入致しましたが
あんなにヲ強いロックさんでさえ
まだオレンジネィムなドカンですので
一気に死にまくりな大惨事に (’А`)

一人ではとても㍉らしく
他の方にもドカン発生を通達

範囲攻撃な上に
生意気にも盾ブロックや
ノックダウンまで仕掛ける皇帝

とても近づく事ができません

しょぼしょぼヒールで応援

他の方々も死にまくる中で
遠くに回りこんで しょ○かさんと共に
Wヒールでロックさんを後援

アッチコッチに移動する皇帝から
必死で逃げまくりつつも
懸命にロックさんの後ろへ回り込み
応援ヒールを繰り返しました

皇帝の取り巻きは派手ですね

デッカイ法師の群れが怖くて
更に逃げ惑っていましたが
近づきすぎてタゲられてしまったようで

ぅは Σ(´Д` 軽くヤヴァイ

HPが7000しかないのに
11000↑ ものダメィジを受け
儚く美しく散るワタクシ

ちぇけらは無事だったようです (・∀・;)

寝ながら観戦及び応援

まだまだ生き延びている皇帝を眺めつつ
手前に力なく横たわる死体の足は
間違えなくワタクシの物でございましょう
(判りやすいように赤い矢印を表記 ! )

狭っちかった端っこでの戦闘が
コロシアム中央へと移動

コロシアム中央で乱闘

なかなかチなない皇帝に
少人数での攻防が繰り返されます

巻物が残っていたので
さっそく起き上がったワタクシは
チなないように逃げ惑いつつも
何とかロックさんへヒールをするために
皇帝の攻撃が届かない後方へ移動

もうちょっとよおおおお

しょ○かさんも力尽き横たわり
ヲ互いに蘇生をしては またシボゥ

ロックさんに蘇生して貰って再び起き上がり
支援のヒールを繰り返しては
また近づきすぎてオロオロしつつシボゥ

そんな事が数回繰り返され
8級9級の方々が粘って何とか
皇帝を討伐しようと頑張っていました

しょ○かさんのレヴェルが
一つ下がってしまった頃

遂に

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

!!!!!!! やった Σ(・∀・) すげぃ !!!!!!!

苦しい戦いでございましたが
ロックさんが皇帝討伐の名乗りを揚げました!
おめめ━━(´∀`)━( ´_ゝ`)━(’А`)━━ッ !!

戦闘中の忙しいロックさんに
蘇生までさせてしまった
非力なワタクシですけれども
しょぼぃヒールで協力ができ
(・∀・)ノ 悔いなーし

こんな間近で骸骨皇帝を拝めて
とても楽しいひと時でございました

そんな感じで
ワタクシのドカン見学ツアーは
派手に幕を閉じたのでございました (*ノ∇`*)
スポンサーサイト
美しく萌ぇるオアシス
2006年10月22日 (日) | 編集 |
ヲ散歩中に また手頃な別荘を発見

また別荘を見つけますた

不必要に盛り上がった屋根で
きっと冷たい雨もしのげますし
ヒビ割れた模様がステキな壁も
いつ崩れ落ちるか判らないスリル感

とても気に入りましたw

そんな感じで
なぜ荒野を巡っていたかと言うと
鎧ウマに乗れるようになってから
ヲ散歩を満喫していなかった事に気づき
ワダから長安までゆったりと旅行

鎧ウマの氏名を 『伝助』 と称し
優雅に乗馬をたしなむワタクシ

伝助はやいよはやいよ

鎧ウマはやっぱり速いですね

今までも交易に向かう時や
急いでいる時に乗っておりましたが
改めて長い道中を走ってみると
その足の速さを実感致します

この鎧をまとったウマに乗るのが
とっても憧れだった遠き思い出

白馬に乗った時もすごく嬉しかったけれど
この高価そうに見えるウマには
とっても乗ってみたいと思っていました
貧乏なのに高価なウマに乗れるこの喜び

強くて堅いのでエサがケチれるこの喜び (・∀・)

伝助に乗っていると雑魚モンスタが
私も乗馬する! と寄ってくるので
あんずに退治して貰っております

あんずファイト(n・∀・)η

鬼兵Gなんかも倒せるあんず
すげぇ時間かかるけど ぉk

あんずは蛇おねぃさんくらいまでなら
ギリギリ倒せる感じな39歳ですが
もっともっと強くしてあげたほうが
あんずも活躍できるのかなぁと思う最近

先日 交易をしている最中
ウシに乗りっぱなしの時
護衛してくれていたエンさんに
大きいオオカミの 『おちゃ』 を借りて
雑魚退治して進んでみると

おちゃは峡谷のモンスタなどを
頭突き一発で退治できるほど強くて
とっても頼りになる子でした

しかしあんずは峡谷のモンスタを
一撃でヌッコロすのは㍉でございます

可愛い可愛いその容姿は
40歳になってしまうと失われ
逞しく厳つい大人の仲間入り

逞しくなっても顔が怖くなっても
可愛いあんずには変わりありません
しかし渓谷や峡谷で逞しく戦えて
活躍できる強さがあれば
もっと良いのかも知れません

愛らしい外見を保たせるべきか
共に戦える戦友に育てるべきか
悩んでしまうワタクシです (’А`)

ひとしきり道中を進み
オアシス周辺に到着した我々

美しく燃える命の水

ヲ花を刈り込んでいた頃
狩りの合間に一休みをして
よくこの小山からオアシスを
マッタリと見下ろしておりました

このヲ気に入りスポットに来ると
やはり30代半ばの頃を思い出しますね

狩りばかりしていて
マント戦や交易なんか殆どせずに
毎日毎日ヲ花に串刺しにされていた

そんなワタクシ
鎧ウマに乗れるほど成長したわ
サンタセットも着れたし
ペットもいっぱい飼えたのょ
あの頃と全財産は殆ど変わらないけれど

こうして少し過去を振り返れるのが
ヲ散歩の醍醐味やも知れませんね

過去の出来事を振り返るついでに
例の掘っ立て小屋にも立ち寄りました

ああ懐かしのあの時期

この掘っ立て小屋が
ドコらへんにドレくらい設置されているか
ワタクシほど詳しい者は居ないでしょう
いっこいっこ調べて回ったからね

そうしてヲ散歩も終わり長安へ到着

ロックさんがワタクシに
ィシュタル討伐のゴ褒美として
ポンデのはずれで当たったと言う
ポンデ再チャレンヂ券を下さったので

生まれて初めてポンdeキャッチを
やってみる事に致しました

ィシュタル討伐の際に
大変ヲ世話になったロックさんには
逆にお礼をしなきゃいけない立場なのに
ゴ褒美を貰ってしまうワタクシ

ああ、このご恩は 多分 忘れません (´∀`)

初ぽんできゃっつつつ

緑色の箱に入った景品を
受付係員ゴリーにポンデ券と変えて貰い
イソイソとポンdeキャッチの前へ

クジ運という物がとにかく無いワタクシ

宝くじを買った時にも
戻りは300円だったワタクシ

ああクジ運がないとか

白米が美味しく炊ける炊飯器が欲しいとか
高性能DVDぷれぃや~が欲しいとか
ドラ○もんの巨大ぬぃぐるみが欲しいとか

ポンデでは到底手に入らない代物を
心の内で思い描きながらも
56日Gチェケを選んでポンデPLAY

見事! ・・・はずれましたけど Σ(´-`)

しかし草食エリコかな~と思ってたら
青色中POT1000個 (・∀・)ノ

まだまだ青色は中POTなワタクシは
とっても嬉しく頂戴致しました
ロックさんありがとうございました (*´ー`*)ノ

雪山でのヲ声とかw

ヲ散歩ちぅにも一声がw

日々を楽しむワタクシへと
狩り場やヲ散歩ちぅなどにも
暖かいヲ声かけて頂いて
更に更に楽しく毎日を過ごせております

本当にありがとうございます
*+・+。(´∀`) *☆・+"*+。

そういえば我がギルドに
体験入団として Xiさんが来られました

『それ俺のG』 というソロギルド出身で
その豊かなネーミングセンスが光り
『僕も戦う!!』 という名前の
戦えないリスを飼っている
とても楽しい人でございます

そんな最中に Xiさんを交えて
特価特産品MAX交易を開催

全部とらえたよ(T∀T)

もちろん全滅させられ
荷物はPC盗賊ヲ二方に
心置きなく持っていかれました
(*ノωヽ) くっそー

まぁ無謀すぎる交易ですね (T∀T)

気を取り直して今度は
普通便の☆1交易を
ワダ ~ タクラマカンに運ぶ事にしました

今度は砂漠までいくし

盗賊職の方や転職中の方以外は
みんな職装備をして護衛しつつ
藍さん & Zさんにヲ手伝いして頂きながら
ワタクシはウシの すぅざんに乗りました

その日ヲ誕生日だった しょ○かさんも合流し
ヲ誕生日及び歓迎会祝いとしての冒険交易

何が冒険かというと
タクラマカンのモンスタが
普通にヤヴァィという点なのでつ

普通にモンスタ怖いですが何か

NPC盗賊よりも
道中のモンスタにヌッコロされぬよう
慎重にゆっくりと進む我々

高レヴェルな方々の活躍により
シボゥ者も出ず無事に
タクラマカン交易所へ到着

しっかりと荷物を売却できました ( ´・∀・)ゞ

終わった後はもぐもぐで帰還

帰路は全員でムカデ競争して帰る事に

競争するムカデはいませんでしたが
全員整列し前の人を追尾
さて無事に帰れるでしょうか (・∀・)

Σホタさんが犠牲に

やはり犠牲者が出てしまいました
重くて画面がガクガクしていたので
救出が少し遅れてしまったのが要因です;

砂漠に埋まったホタさんの死体を
何とか掘り起こし(笑
長蛇の列ゆえに至る所に引っかかりながらも
ワダへと帰り着いたのでございます

とても楽しい旅路でございました (〃'∇')

こうして色々な所に行くと
シルクロードって本当に広い事を実感します

ヲ花の鮮やかさに潤う黄昏

ヲ花も鮮やかで綺麗ですね

まだまだ探索しきれていない場所があるので
これからもヲ散歩やヲ遊びを続けていこう
そう思うワタクシでございました (o´ω`o)o
みんなの姉貴 降臨
2006年10月13日 (金) | 編集 |
↓ 前回の続きでございます (´∀`)

神降臨~

またしてもワタクシの目前に
Σ(゚ロ゚;) いしゅたるるるるる 降臨ッ!!!!!!

前に第一発見したのと全く同じ場所に
「みんなの姉貴」 こと ィシュタルが
翼を広げて浮いていたのでした

ヽ(´Д`;ヽ) 三 (ノ;´Д`)ノ タスケテクレーッ
なんて言っている場合ではございません
ことごとく反射神経の鈍いワタクシですが
すぐに戦闘態勢へと とつにぅ

予期していなかった事とは言え
闘神も全然貯まってないし
攻撃力増加の巻物は倉庫に仕舞っていて
ユニークを討伐するには
全くの準備不足でございました (x◇x;)

しかし運が良かったのは
まだ狩り始めたばかりで
POTも薬もいっぱい有った事と
武器の耐久もMAXだった事

ギルチャにて慌てつつ
「いしゅたる、たいたたったいたいた」
と慌てて叫んでから(笑) 果敢に攻撃していると
INしていたギルメンさん達が
応援及びサポゥトに来て下さった事

しかし同時にィシュタル出現に気づいた
他PCの方々3、4名も攻撃を開始
さきほどシボゥしていた方の
ギルメンさんとヲ見受け致しました

競り負けてしまいます

一応みんな揃って7級武器でしたが
他の方々はみんな
大刀&槍使いさんばかりで
そして印章がキラキラでございまして
(;ノ∇`*) まぶちぃ
とんでもないケタの攻撃力を叩き出し
見るからにワタクシは競り負けております

我がギルドにも大刀&槍及び知系が多く
力曲盾で攻撃力がショボィのは
ワタクシだけでございますので
攻撃力では大刀&槍に勝てない事を
とっても良く判っておりました;

ああコレはとてもダメだ~ (ーωー;)

凹みそうになりながらも
ワタクシには頂いた素敵な曲刀と
ヲ借りした物凄い盾が有るジャマイカ
盾パッシブも揚げまくり
中途半端な力型ジャマイカ
そしてサンタセットで
寒さにも強いジャマイカ !(・∀・)!

諦めたらソコで試合終了なんだと悟り
硬さならこの中で誰にも負けなぃ !!1!!
そう思いながら闘志を奮い立たせました

「you 頑張っちゃえばいいじゃん」
という心の中のジャニーき○がわも
ワタクシに囁き掛けたのでございます

やったるぞ (`Д´) もらぁあぁあぁ !!!!!!
俺の生き様見とけ もらぁあぁぁ (・∀・)ノ !!!!!!!!!!

かつて一撃死させられていた
ィシュタルのツララ攻撃も
難なく跳ね除けてしまう我が硬さ

いつもなら取り巻きが沸けば
チなないように逃げ惑うのですが
逃げるとィシュタルからタゲが外れ
またタゲるのは一苦労でございます

だったら何とか踏ん張って中央に陣取り
硬い体を生かして取り巻きの奇襲にも
運が良ければ耐える事ができるのです

ヒールして貰っていたり
手早く取り巻きを退治して貰ったので
それほど激しくシボゥせずに攻撃続行

しかし何度か力尽きてシボゥしても
以前頂いてた有難い蘇生巻物と
ロックさんの素早い蘇生を受けて復活し
タゲったままのィシュタルを只管攻撃

自分が見えません

もうちょっとという所で
またブワッと沸きまくる取り巻きを
ギルメンの方々にヲ任せして
ィシュタルだけを凝視し続けました

パンチラなど見ている暇はございません

これはワタクシと ィシュタルの
女と女の闘いなのでございます
せくしーさは負けるけど
美術点は負けねぇ (;`゚д゚)

ワタクシ、やれば出来る子よ
やれば出来る子なのよ (`・ω・´) !!!

そう自分に言い聞かせながらも
半分諦めて半分無我夢中で
ィシュタルのHPが
真っ黒になる瞬間を見届けた時

(n;∀;)η!!!

(n;∀;)η !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
(訳 : 声にならない)

やった・・・やったワ遂に (ノ_<。) くぅッ

ゲィムをやって結構経ちますけれども
初めてユニークを討伐する事ができたのです
ヤタ━━ヽ(´∀`)(’А`)ノ━━!!!!!☆.:゜+。★

「様」 を付けられるほど
偉くもなんともないワタクシですが
告知に自分の名前が出た事の
驚きと感動が渦を巻きました

何度も遭遇しているィシュタルですが
前にスケートリンクの上で
本腰入れて討伐に挑んだけれど
ダメだった時には
やはり悔しくて悔しくて堪らなかった

あんなに悔しい思いをするくらいなら
ユニーク討伐なんて志さないほうがいいか
それとも せめて
8級の曲刀を持てるまで
討伐は諦めようと数日前から
決心していた矢先でした

苦節3週間、
我が天敵のィシュタルを
何とか適正レヴェルのうちに
やっと倒す事ができました
(´;ω;`) ぅ、う、ぅ、嬉すぃ

イヴェントリいっぱいだぞごるぁ (・∀・)

ちぇけらに
「荷物いっぱぃで モゥ持てねぇょ -y( ̄Д ̄)。oO○ 」
と文句を言われてても
放心状態になっていたワタクシ

ヲ祝いの数々が (ノ_<。)感涙

ヲ知り合いから何とも感動する
ささやきの数々が届いて
ああ本当に倒したという実感が
沸きまくったのでございます

皆様ありがとうござます (・∀;) 感涙

みんな遅くにありがとう ヾ(o´ω`o)ノ

そして危険な ィエティ地帯に来てくれて
サポゥトをして下さったギルメン様方
やはり来てくれるだけでも心強くて
力が沸いてくるのでございます

ギルドに入っていなかったら
ユニークの討伐など とても無理だったし
虎女や ゥルティを飛び越して
ィシュタルを狩ろうだなんて
考えようとさえしなかったと思います

夜遅くまで心強いサポゥトを
本当にありがとうございました
(*´――――`*)ノ

余韻に浸るワタクシ。

討伐の余韻に一息つきながら
とっても晴れやかな空を見上げて
喜びを噛み締めたワタクシ

またギルメンさんの誰かが
ユニークに出会えた時には
微力ながらもサポゥトをさせて頂きたい

そう心に誓うワタクシでございました
・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*
みんなの兄貴 降臨
2006年10月11日 (水) | 編集 |
最近サンタセットをヲ借りしました

サンタセット貸してもらた

どうしてもヲ帽子がかぶれないワタクシを
可哀相に思って下さった8ちゃんが
ちょーレア品であるサンタセットを
しばらく貸して下さったのでございます

サンタセットと言うと
時期が早いように思われますが
雪山にはマフラー及び手袋
そしてヲ帽子をかぶる事により
防寒効果が揚がるのでございます

ノースリーヴでへそ出しなのは
ある意味 仕様でございます

体も心もホカホカと
温かくなったワタクシに

激しくww

同時にヲ声いただきますたw

大変ありがたいヲ言葉を掛けて頂き
激しく、激しく感無量でございます (´∀`)ノシ

そういえば9日に
公式イヴェントがあると言うので
またイソイソと出掛けていきました

長安の墓場とカラコラムの遺跡で
何やら見た目よりも強いモンスタが
いっぱい沸きまくるという罠

ワタクシはスケートリンクで
催しに参加する事にしました
今回は2カ所に分けてのイヴェントですが
やはり凄い人数が集まっていましたね

スケートリンクの凝り固まった氷が
皆様の熱い熱い情熱によって
春が訪れた清流のやうに
溶けてしまいそうでございました
(比喩表現)

花火だよ

時間が近づいたので
リンクの中央に行ってみると
綺麗な花火が至る所に揚がり
焚き火が数箇所に現れたのです

何出るのかな~と
胸をドキ土鬼させていると
名前の上に 「強い」 という呼称がある
見慣れたモンスタが沸きました

つおぃk点沸いた

試しに強いk点を叩いてみると
敦煌周辺にいるk点なら普通一撃なのに
強いk点はなかなかチにません

硬てぇ Σ(・∀・)

殺手なんかも多々沸いて
沸いた途端に集まった皆が
タコ殴りで瞬殺する具合です

そんな中でも一番の強者は
藁人形でございまして
見た目は長安の藁と全然変わりませんが
ネームを見てみると真っ赤です

藁なのに真っ赤です

藁なのに
ああ、藁なのに
ィシュタルよりもゥルティよりも
硬く強靭な体を持ち合わせ
高レヴェルな方々をも
死の渕に追いやるパゥワー

お前見た目変わんねえし

見た目で判断すると痛い目をみる
という事を学んだワタクシ

いヴぇんとにて1

いヴぇんと2

イヴェントの最中もヲ声かけて頂き
またまたやる気も漲ります (n・∀・)η

スケートリンクでは
ゥルティよりも少し強い
「みんなの兄貴」 というオッサンが
色んな所に沸きまくりました

兄貴ぃいいいぃぃいぃぃ (n・∀・)η

高レヴェルの方々もいっぱい居るので
やはり討伐はとても難しいのです
期待に答えてブログで報告は
まず㍉なのでございます Σ(ノ∀`*) ペチッ

兄貴ぃぃぃぃぃいぃぃぃ (・∀・)

(人多すぎてヲ名前消せずすぃません)

しかしアッチコッチに出現する兄貴を
微々たる攻撃力で叩きつつ
一体5000の経験地を貰い
沢山の兄貴を殴れた事でも満足

兄貴といっても
例の兄貴は殴れませんので
みんなの兄貴で我慢致しました

そんな感じでイヴェントは終了

久しぶりに楼蘭の方々で集い
みんなでヲ祭りができて
とっても楽しかったですね (*´ー`*)ノ

しかしリンクでは ィシュタルが出ず
ちょっと物足りなかったです

墓場のほうには ィシュタル風な
イシュガエルだったか
エレキガエルだったか
何とも覚えられないような名前の ィシュが
登場したらしいですね

「みんなの姉貴」 として
リンクにも登場して欲しかった、
それだけが心残りだったイヴェント
(・∀・) 姉貴ぃぃぃいぃぃ

そしてその後
経験地が9%くらいだったので
キリのイイ所10%にしてから
寝むろうと考えたワタクシは
雪原のいつもの定位置で
ィエティ狩りを始めました

10分くらいアッチコッチをウロウロしつつ
ィエティをマッタリ狩っていた所
ワタクシの視界の隅で見知らぬ人が
シボゥしている姿を発見したのでございます

(・∀・) ぁらゃだ コマさんかと思った

蘇生に寄っていこうとしたワタクシは
何だかィエティのように茶色じゃない
青い物体が浮いているのに気づいたのです

Σ( ゚д゚)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1!11!!!!

( д) ゜ ゜ ぃ、い、ぃしゅたる !!!!!

長いので、次回へつづくw
秋冬これくしょん
2006年10月07日 (土) | 編集 |
寒くなってきたセイでしょうか
時折 焚き火が発生しておりますね

燃える火に萌ぇる

外見よりもちょっと強いモンスタが
多々発生してくる不思議な焚き火

ジャガイモを包み焼きしたいとか
サツマイモは埋まってないかとか
焼き魚を作れそうだとか
サザエをつぼ焼きしたいとか

そんな香ばしい味覚を連想させる
ありがたい炎でございます ( ̄¬ ̄)ジュル

そんな秋の味覚に苛まれる時期
冬が近いのでそろそろ
ヲ帽子を新調したいワタクシ

露店で交換キボン

ちょっと久々に藁露店を開き
イソイソと手袋をはめ
ワダの片隅で ある物を陳列致しました

なけなしの持ち物の中で
一番のレア品でもあるヲ帽子

ワタクシがまだ長安の港で
カッパとたわむれていた頃
サンタさんが街にやってきたのですが

サンタセットが欲しかったけれど
いくら狩りしてプレゼント箱を集めても
靴下の中には手袋やマフラーしか
入れて貰えませんでした

プレゼント箱で思い出しましたが
ワタクシがカッパGを倒して
ドロップしたプレゼント1箱を
盗んで逃げていった奴がいました

今のようにドロップした品物の
所有権が数分間続く事はなくて
ドロップしたら誰でも拾えた時代

神聖な聖誕祭の時期に
そんな盗みを働く奴がいるとは
ワタクシの心は張り裂けそうでした

見つけ次第そいつの上履きを
隠してやりたい衝動にかられた日
仕返しの方法が幼稚すぎる

そんなワタクシが
長安の露店を見回っていると
何とサンタのヲ帽子が売っていて
思わず即買いしてしまった訳ですが
( 当時は1M弱くらいでした )

しかしよく見てみると

若き日の過ち

男性用を買ってしまった訳で
装備する事ができないのでございます
(n;∀・)η あふぉダワァァァァ

サンタグッズは転換できないので
装備もままならずに
ずっと仕舞っていたヲ帽子

いつの間にかレア品になり
現在の露店では
ビックリするくらい破格の値段が
ついてしまっておりますし
サンタセットなんて余計に買えません;

青が好きなので青ヲ帽子キボン

どなたかヲ優しい人が
女性用の青ヲ帽子と
交換してはくれまいかと願い
露店で呼びかけてみた所

知人ばかりでしたw

ヲ知り合いの方々からのみ
激励カキコの数々(笑

やはりヲ帽子被れないのかあ
今年のサンタさんがきたら
また何かくれるかも知れないし
我慢しようかしら λ..............

ワタクシが諦めようとした所
露店の藁人形( 氏名 : ゎらゎら )が

先生・・・バスケがしたいです

「最後まで・・・希望をすてちゃいかん
 あきらめたらそこで試合終了だよ」

という名言でワタクシを励ましてくれました
先生ぇぇぇ (n;∀;)η ありがとぅぅぅぅ(マテ

感動したワタクシは
これからも挫けず諦めず
精進していこうかと思われます

もしもどなたか
男性用青ヲ帽子と女性用青ヲ帽子を
交換して下さる心優すぃ方が
いらっしゃいましたら
ご連絡下しあ (・∀・)ノシ

藁先生の励ましに力が漲り
経験地も稼ぎたいワタクシは
ドロップ率の良いィエティを
チビチビと狩っていた時

飛空艇から徒歩でヲ散歩していた
ある方の歌声を耳にしました

石川○ゆり かと
聞きまごうばかりの美声に
思わず立ち尽くしたワタクシ

唄っている方ハケーン

著作権と肖像権の関係上
ヲ名前を消しておきました
( Σ(・∀・)ハッ リスの上に名前がw )

最近の装備品は高いので
購入資金を稼ぐべく
合間をぬって一人で
チキン交易も行っております

今までよりもNPC盗賊の
沸きが多い事にも少し慣れ
何とか一人で進む事はできますが
渓谷でNPCが倍沸きした時は
さすがにパニクりまくる罠

ワダ ~ 敦煌までの売り上げが
急激に下降したので
最近はずっと ワダ ~ 長安 までの
長い長い旅をしております

しっぽをサックリ

道中では
ちぇけらの尻尾をサックリと
スライスしてしまうという
アクシデントも乗り越え
敦煌の町で休憩を取りながら
行商を続けている次第

白チャで叫ばれた黄昏ww

長安の町で身体を休めていると
街中に響き渡る声で
ヲ友達から名前を叫ばれwww

石灯篭の向こう側w

更に石灯篭の向こう側から
暖かい囁きも頂戴致しましたw

ありがとうございます ヽ(*´ー`*)ノ

そんな狩りに追われない日々を
マッタリと過ごしていた時

ナギちゃんがアクチブひしめく
リンクの中央にてシボゥした
というニュースが伝達され

さっそく救助にむかった
救急救命士ホタさんが
リンクへと走って行かれました

ワタクシも一緒にリンクへと向かった所
一足先に到着していた
ホタさんのHPまでが真っ黒に Σ(´Д`

遅れて到着してみると
アクチブな氷女戦士の狭間で
芸術的に並んだ死体が二つ
(・∀・) ぁらゃだ

レスキュー隊到着

( 判りやすいように赤い矢印を表記 )
レスキュー隊として
ヲ役に立てて光栄でございます (n・∀・)η

その後駆けつけてくれた
コマさん & しょ○かさん達と共に
HPの増減が激しいナギちゃんの
勇敢な狩りをサポゥト

Gを皆で叩いてウマィ経験地を稼ぎ
何度も力尽きて氷上に倒れこむ
ナギちゃんとホタさんを蘇生していたら
フと目を離した瞬間に
コマさんがシボゥしてしまったり
Σ(´□`ノ)ノ

しょ○かさんの大規模なヒールと
ワタクシのショボショボヒール
そしてアクチブを跳ね除ける温泉が
大活躍したのでございます

そんな狩りと遊びの融合を
楽しんでいた最中に
全チャにて ィシュタル出現の告知

カラコラム遺跡の近い場所だったので
みんなで駆けつけたのでした

人が沢山いて討伐は㍉ですが
叩いて経験地を稼ごうと特攻
そして取り巻きの豪雨に巻き込まれ
軽くシボゥ Σ(ノ∀`*) ペチッ

巻物で起き上がり戦っていると

みんなで叩きますたがww

すぐ足元には
ついさっき見たような死体が二つ
( 判りやすいように赤い矢印を表記 )

いっぱいシんだけど
ィシュタルも皆で叩いて
楽しい夜でございました
・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*

そんな感じで
自由気ままに過ごしている昨今
クェの残りや
ちょっとずつ進めた狩りによって

チマチマとレヴェルぅpしてるよう

また一つレヴェルが ぅP致しました

もうちょっと頑張れば
憧れの8級曲盾が持てますね
しかし まだ程遠い道のりやも知れません

1日頑張り10日休むペースを崩さず
がんがっていこうかと思われます
(*ノ∇`*) 頑張れ俺様ッ
しもやけ注意報
2006年10月01日 (日) | 編集 |
ウシに乗ったままだと
ヲ店屋さんにも満足に入れません

座高が高くなりまして

そんな小さな悔しさをバネに
世間の荒波を生き抜くワタクシ

こないだは雪原で降り積もった雪が
緑色に発光してる場所を見つけ
ちょっと綺麗だなあと思いました

とても綺麗な粉雪w

ワタクシの故郷にも雪が降りますが
降る、なんて生易しいもんじゃないくらい降る罠
月明かりを受けて雪が色づく事って
本当にあるんですよ~ (・∀・)r

そんな雪景色を堪能しつつ
なぜ道服を着て雪原にいるかと言うと

28チェケも一先ず終わった事ですし
適正レヴェルの時に
凍りすぎて凍りすぎて嫌になった
白蜘蛛の糸集めクェの続きを
終わらせようと思い立った訳でして

残りのクモクェを

1回目は根性で終わらせてましたが
3回遂行できるクェですし
報酬も結構ウマィので
@2回 消化してしまおうと
気持ちを奮い立たせました

青蜘蛛は物理攻撃
白蜘蛛は魔法攻撃ですが
たまには道服を優雅に着こなして
狩りするのも悪くありません

ヲ気に入りのヲ帽子を被り
派手なのは樹の精
ヲ知り合いの しょ○かさんにヲ借りした
上下の印章道服に身を包んで
ピカピカになりながら (*ノωヽ) ありw
地道に白蜘蛛クェを開始したのでつ

レヴェルが揚がっているので
凍ってしまっても
さほどHPも減らず
数体引き寄せて狩っても
安全でございます

このクェは53で受けられるクェですが
少しレヴェルを揚げてからやったほうが
サクサクと狩れるのでヲススメ

しかし凍らない訳ではないので

凍ったり凍ったり凍ったり

まぁ このように
常に 【しもやけ】 状態となります (’А`)

こんな状態異常ばっかりの闘いなのに
210個も蜘蛛の糸を集めなくてはならず
ィエティの棒よりも収集する数が多いなんて

ィエティ狩りで貯めに貯めこんでいた
万能薬数百個が大活躍し
それでも足りなくてエンさんから
万能薬を恵んで貰って挑んだ数日

凍らない人が羨ましく思った頃

やっとオワタよw

ついに3回全て集め終わりました
ヤタ━━(ゝ*゚Д゚)ゝ━━ !!!
これで放棄していたクェは無くなり
新たなクェへと歩んで参ります

もう凍らなくてすむよ (*ノωヽ)

花壇で休憩しているとw

白蜘蛛クェの達成感に
酔いしれていたワタクシが
街で呆けながら立っていると
ヲ声をかけて下さる方もいて
また新たな力も漲りました

ありがとうございます (◎´ω`〃)ノシ

ちょっと気分転換に砂漠へ行き
シャック討伐クェもやったり

シャックも狩ってみたよ

シャックも恐るるに足らず
キモィ事さえ除けば
軽く狩っていけそうな心持ち

アクチブなミミズと

アクチブのエディンムは少々手強いですが
温泉レヴェルを揚げて
雑魚を防げるようにしておいたので
ジャイアントも何とか倒せます
経験地ウマィよママン (・∀・)

石窟のクェも控えておりますが
狭い場所に閉じこもるのが憂鬱で
順番を待つのも待たれるのも
気が引けるワタクシは
石窟クェを先延ばししています

石窟内を 増築キボンヌ (n’А`)η

ちょっと狩りにも一段落したので
ギルメンさん達と一緒に
砦 ~ タクラマカン の特価交易もしました

砂漠の行商人

還暦になれば
タクラマカンのニヤ遺跡まで
交易ができるようになりますので

道に迷わないように
8ちゃん騎乗のウシ (氏名 : 厚揚げ) から
片時も目を離さず付いてゆきました

ヲ池もありますね


砂漠にはオアシスもあり
憩いの場所として
脳内にインプットしておこうと思います

いつか狩りするようになったら
ココで一休みできそうでございます
しかし もう一度辿り付けるかは定かじゃない

自分の生身では走り抜ける事さえできない
タクラマカンの砂漠ですけれど
ウシ の着ぐるみを着た すぅざん なら
難無く進んで行く事ができました

ウシって頑丈ですね (´Д`*

タクラマカンの商人組合

そして無事に
ニヤ遺跡の交易所へ着いたのですが
しかし、ソコで売る事ができません;

( ´゚д゚`) なぜ?
と思っていると
商人クェを終わらせていないと
売る事ができなかったのでございます
Σ(´Д` ワ ス レ テ タ

仕方ないので
ワダに戻って売ろうとしたら
折角なのでクェ終わらせて
また戻って来ようと
皆様が言ってくださり

ワダへの届け物を終わらせた後

しかしクエしないと・・

荷物いっぱいのウシを
アッチコッチに引き連れながらの
シャック20匹討伐クェ

勿論、特価のNPCも沸きまくるので
ハンターの皆様にヲ任せしつつ
死に物狂いでシャックを倒しまくります

傍からみると
この人は何をやっているのだろう?
というような光景だったやも知れません(笑

しかし何とか終わらせて
タクラマカンへと引き返したのです

何度も橋をわたりますた

何度も往復した橋を再び渡り

アーチが芸術的w

砂漠に佇む世界遺産と見まごうばかりな
アーチのシルエットに見とれつつ
商人クェ及び交易品を無事に届け
初めてのタクラマカン交易を
終わらせる事ができました

何度も往復させてごめんねぇ (ノ_<。)
でも楽しかった w(*‘ω‘*)w

仮名でもヲ言葉がw

交易へと赴いた場所では
仮名にも関わらず
ヲ声をかけて下さる方がいて
嬉しさがこみ上げる事もしばしば

ありでございます (´▽`〃)

いつも乗りっ放しではイケネィ
と思い始めたワタクシは
先導の研究も始めている昨今

ショートカットに入れる技は
狩り中と交易中のを少し変えて
遠距離攻撃を多数組み込みます

渓谷のナマコなどは剣気や
たしなみに覚えた獅子吼などで
手早く掃除するやり方でございます

エンチャを揚げきれてないせいか
レヴェルの割には攻撃力が乏しいので
クリティカル以外では
未だにナマコを一撃で倒せないワタクシ;

渓谷のナマコは素早く倒さないと
囲まれて軽くヤヴァィ (〃´・в・`)

そんな研究に明け暮れていた時
しょ○かさんのギルメンさんが
交易をすると聞きつけ
先導もさせて貰いました

先導ってむつかしいのでございます

先導ってむつかしいね~
しかしちょっと勉強になったですよぅ
.。*ヾ(´Д`○) ありがとうございました

一人で交易する時にも
素早く雑魚モンスを倒せるよう
研究に明け暮れながら
ウシの背に揺られて物思うワタクシ

ウシの背から見上げた空

しかし昇るヲ月様が綺麗ね~
という呑気さを 捨て切れないのが現状
Σ(ノ∀`*) ペチッ

そして交易の時には
道中に広がるマネーロード

48円ほしかった

48円を拾いたくて
思わず立ち止まったりする
世知辛いワタクシでございました

(●´Д) (д`●)やーねー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。