スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんぷり~と
2006年04月27日 (木) | 編集 |
どちらかというとワタクシ
一つの事を遣ろうとすると
もう一つの事が疎かになるタイプ

なにも。。

ですから
G二匹同時の 接客 ヲ相手は出来かねます
お願いですから一人ずつ並んで下さい

そんな空しいヲ願いを心で叫びながら
その時だけでポットを50個ほど消費したのも
心温まるエピソードの一つでございます

G戦激励w

G戦の最中には応援と激励も頂きましたw

何故いつまでたっても
赤猿を狩っていたかというと

三回繰り返せる軟玉クエを
一回遣って終わったと安心してしまい
ヲ友達のINさんに聞くまで放棄していたとか
そんな軽くヤヴァィ過ちを犯していた罠
かるく ヤヴァ――(’А`)――ィ

しかし そんなワタクシも少々頑張って
狩りにセイを出した成果が表れました

なんと
6級武具ふる装備に成功した次第でございます

ふるw

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

やっと全身を統一し
上着も着られるようになったのでございます

5級よりも少しワィルドな感じで
より一層ミニスカートに拍車がかかりました
やはりノースリーブで生足が一番かと思われます

42~47の装備というのは
本当に露店に出回っている率が少なくて
盾や武器を探すのも大変でしたが
防具関係は より一層大変でした

露店を毎日徘徊しつつ
ロックさんから安く譲って頂いた
中級性別変換なども使用しながら
やっと揃える事ができたのでございます

あんまり高額なものは買えませんが
力1とかが付いたものをなるべく探して
少し防具の強化と
攻撃力の強化を図ったのでつ

一番見つけるのに苦労したのは
護具ミニスカートでございます
諦めて防具屋から買おうかと拗ねていたトコロ
とある真夜中の露店にて やっと見つけられました
(;∀;) ヨカタ

それと前から着てみたいと思っていた
6級道服のほうも今回一式揃えてみました
コチラは上衣を見つけるのに苦労致しました

5級装備で護具に変えてから
久しく着てなかったのですが
35歳くらいまでは
ずっと道服だったワタクシ

こすぷれ

久々に両肩に浮遊物を浮かべて
走りも軽やかな道服を身に着けてみると
どらみも誇らしげに眺めてきます

ひ、ひさしぶり (´Д`* ハァハァハァ

どちらかというと
シンプルな色合いが好きなので
派手な色使いの道服よりも護具が好き

ピンク色もそれほど好きではないのですが
この道服の作りは なんとなく可愛らしくて
ちょーヲ気に入りでございます

道服は足も速くなりますし
魔法攻撃の消費もダメージも軽減できるので
魔法攻撃をしてくる敵用と
コスプレ用に使用する予定でございます

シルクって色んな服に着替えられて
とっても楽しいですね (*´ー`*)b

でも一番のヲ気に入りは
しーするー盗賊衣装だという
盗人猛々しいワタクシ

しぃするぅ

↑参考資料

同じ道服を着て8ちゃんと並んでみた所
顔立ちも体型も身長も同じで
見分けがつきません

双子w

他ギルメンさん達を当惑させる程に
ソックリなのでございます
双子 キタ――(・∀・)ノ 笑

肩装備は金色ですけれど
青ぃのが色合い的に一番好きだったので
青玉でコーディネィトしてみました

青いの

青ぃオサレマフラーと
色合い的に合っているかと思われます
防具としての威力は へなちょこになりますが
コスプレなのでヨシとしておきましょぅ

早く走れる事でウキウキと喜びまくり
無意味に街中を走り回ったり
コスプレ道服のまま
交易で徘徊しているワタクシに

www

wwwww

暖かいヲ言葉をかけて下さる方もいらっしゃり
更にテンションが揚がりまくる罠w

地下でマント

その日
ギルメンさんと数人のヲ友達を呼び
ワダの地下で開催されたマント戦にも
意気揚々と参加致しました

狂雷の流れ弾がいつもより軽減されたり
広い荒野で足取り軽やかなマラソンをして
たっっっぷり楽しんだ次第でございます

なんとなく一段落をしたワタクシは
海までピクニックに出かける事にしました

海辺にて

新しい服に身を包み
青ぃ空と青ぃ海を堪能

勢いに乗って敦煌
更には長安まで
ウマに跨ったまま遠出をしてきました

だいぶちゅ

観音様もインド僧も
相変わらずヲ元気そうでございました

「貧乏ですが 暖かく見守って下さい」

観音様にそうヲ願いをしました

滝修行

その後は
煩悩を取り払う為に
滝修行で身を清めて参りました

しかしココは滝ではなくて
ただの噴水なのだという事を
暫く経ってから気づいたワタクシでございます

そんな楽しい一人遊びを繰り返しつつ
日々を満喫しておりますけれど
また新たな目標を掲げて歩んでゆきたい

今度は炎のように真っ赤な盾と
ブラウンに輝く刀を持てる日を夢みて
万進してゆこうと夕日に誓いました

着替えるお

ワダの敵は物理攻撃が多いので
狩りに行く時は やはり護具がメイン

ひたすら みみっちく
ひたすら コソーリと
剣盾の狩りのトロさを身に染みさせて
またがんがります (´▽`〃)
トロぃのは俺様だけ
スポンサーサイト
交易三昧
2006年04月22日 (土) | 編集 |
「おいしい米ができますように」

藁に願いを

畑の中心で白米への愛をカカシに叫んだ その日

ギルメンさんたちと
なんちゃって交易風マントPvP
をする事にいたしました

揃いのマントを着用したチームによる
商人ハンタ組と盗賊組に分かれての
追いかけっこでございまして
見つかったら盗賊側に襲撃され
チんだらその場で待機でございまふ

商人ハンタ側の人が
一人でも無事長安へ着いたら勝ち
という有りがちなルールで
有りがちに楽しく遊ぼうかと思われました

レヴェル帯の事も考慮して
れくしーを勧誘する事にした我々

アサさんとミルさんも加わって頂けたので
チーム分けをして出発でございます

盗賊vsハンタpvpもどき

商人ハンタ組が辿るルートを予測し
盗賊組が追いかけますが

馬はや

商人ハンタ組の馬の走りが早く
盗賊組には不利かと思われました

しかし
推理力と逃げ足の速さに長けた れくしーが
高速でワタクシを追いかけてきて
見事ヌッコロされてしまったのです (´Д`

あぁ、チんだらこの場で2分待機だわねぇ
と思っていたら同じ崖っぷちで
れくしーもチんでおります
Σ(゚д゚)
商人ハンタ側のロックさんかミルさんに
ヌッコロされたモヨウでございました

ガケっぷち

崖っぷちで並んでシボゥする姿に
こみ上げる 笑い 切なさを堪えて
佇んでおったワタクシでございます
笑タ――(・∀・)――ッ

そんな感じで遊びを満喫した後は
マント戦に突にぅでございましたが

マント戦とつにぅ

疾○○合の皆様は高レヴェル揃いです

その勇ましい闘いっぷりに
暫し見惚れているワタクシの傍らで

仲間割れ?

ギルマスと副ギルマスがケンカを始めました
思わず心の中で8ちゃんを応援したのは秘密です

そんな なんちゃって交易と同じくして
本当の交易も度々催しました

護衛イパーィw

ヲ金が無いからこそ
ポットも買えない哀しみと
狩りができない この暇さ加減

狩りに行けない分
時間は たぷーりあるので
こうなったら交易しまくろうと決心

ハンタを雇うヲ金さえ無いワタクシは
一人で☆1チキン交易をしようとしたら
ギルメンさん達に護衛などをして頂けて
ホントウに有り難い限りでした

ご恩は 忘れるまで 忘れません (;∀;)ノ笑

しかし頼ってばかりもいられない
ワタクシも40代の端くれ
たまには根性見せたるぞ
もらぁああぁぁぁあぁ (゚д゚) !!!!!!

といった具合に意気込みながら
エンさんにヲ誘いを受けたので一緒に
渓谷経由の道を行ってみる事にしました
二人とも 勿論 ☆1でございます

いざ渓谷

護衛されながら通った事はありましたが
自分で闘いながら通る渓谷は始めてでした
一人では行かないトコがチキン

なまこ危険地帯

渓谷には相変わらず
なまこの軍勢が多数派生し
そのキショぃ外見と攻撃の早さに
背筋が凍る思いでございます
絶対に一人じゃ通れませんが 何か?

そして
渓谷でなるべくヲ会いしたくない物
それは。。なまこジャイアン

それなのに見事遭遇でございます
(゜ロ゜) キモ

宙返り

華麗で優美な
なまこの宙返りをヲ披露目されながら
二人で必死で闘い何とかヌッコロしました
(´Д`; ヨカタ


その後に再びワタクシ達の下に
試練が舞い込みました

渓谷でヲ会いしたくない物、二つ目

それは
高レヴェルな方が置いていった
赤ネームの盗賊でございます

ネームが赤くても何とか倒せる盗賊もいますが
その時遭遇した赤ネーム盗賊は
どうやらウシさんに発生する盗賊だったらしく
まるで歯が立ちませんでした

Σ(*´∇`*;) うはッ

Σ

初めて自分の荷物が
散乱してしまったのを見ました (´Д`;

渓谷で狩りをしていた方や
通りすがりの盗賊な方なども
ワタクシ達を助けてくれようとしましたが
ほぼ全滅でございます;

周りに居た皆様
あの時はありがとうございました&
申し訳ございませんでした (;∀;)感涙

しかし何とか蘇生して貰って
荷物も全て回収できたワタクシは
無事に渓谷を抜けて敦煌へと
到着したのでございます (´∀`)

その渓谷試練の旅路を共に通り抜け
道中は商人を遣りながらも
護衛までしてくれたエンさんが
頑張って購入した五輪を見せてくれました

五輪カコイイw

五輪 カコイイ(・∀・)ノ おめーw

こんな感じで交易を鬼のように遣り込み
ワダ~敦煌を行き来する事が数日間
少しヲ金も貯まって
ポット代も心配なくなった頃

優雅にラクダの すぅざんに乗って
街中を闊歩していると

ヲ声キタw

嬉しいヲ声をかけられましたw

ヲ声により心が潤いまくったワタクシは
ワダへと戻る帰路交易に
何と初めての☆2を体験する事に致しました

ほし2

自分よりも高レヴェルな
ロックさんが護衛をしてくれますが
一応PC盗賊が出て商人の自分も
チぬ確率があるので
復活巻物と大ポットを所持して出発

時間も遅かったせいか
一度もPC盗賊に会わず
無事にワダの渡し口を通過し
念のためにワダ南門から入る事にしました

クモいますがぁぁ

南門の方向にある橋の向こうは
クモだらけですので
その橋さえ渡るのは初めてだったワタクシ
乗りっぱなしで何もしないチキン商人

成功ww

そして無事ワダ南門へと到着し
初めての☆2交易を成功させましたw
(´Д`* ロックサン アリデシタ

相変わらずラクダに乗りっぱなしで
周りの皆様を疲労困憊させるワタクシですが
いつかは強くて偉大な闘う商人になりたい、
そう思うのでございました (´▽`〃)
むりぽ
見習いチキン商人の旅 Ⅱ
2006年04月18日 (火) | 編集 |
ヲ金がありません
4000円しかありません

ひさびさ

仕方が無いので
ヲ久しぶりに
☆1チキン商人復活でございます

何故それほどまでにヲ金がないのか

Gチェケ使用期間中には
交易する時間が殆ど無くて
ポット代や武具の修理費&購入費に
貯金を全て使い果たしてしまいました

チェケが切れた時にはギリギリ
残金4000円でした ( ゚д゚)

交易するヲ金さえ無いので
仕舞っておいたドロップ品の弓を
手放す事にいたしました (´・ω・`)

もう一個の低レヴェル弓もあるし。。
俺様それでいいのさ
マント戦の時に使うだけの弓だからいいのさ
(´Д`。 泣かなぃ

そうして特産品を買い込んで
ラクダを数頭飼ったワタクシは
ワダの街から出発致しました

しゅぱつ

今回はヲ猿の どらみと
美白なラクダとの旅でございます
ラクダの名前は 「すぅざん」 です
名前を表示できませんが
うちの すぅざんもよろしくねw (・∀・)ノ

美白なラクダはすごく逞しくて
ワタクシよりも硬い力型でございます
少々放っておいてもチにません

ワダを出て少し歩いていると

応援w

有り難いヲ言葉と応援を頂きましたw

そして実はワタクシ
何とワダから一人で交易するのは
今回が初めてでございました

時間がなかなか取れないのもありましたが
とりあえずクモくらいは
平気で倒せる年齢にならないと
範囲攻撃ができず攻撃力の低いワタクシには
一人旅が難しいと思ったからでございます

見事な連携ぷれぃ

道中は思っていたよりもサクサクと進み
ワタクシが盗賊や敵を切り刻み
どらみがドロップ品をすかさず拾い
すぅざんは無言で痛みを耐え忍ぶ
見事なフォーメーションでございます

うまぁばちぃぃ

敵の数が多いので
囲まれたらヤヴァそうな
馬蜂や赤蛇蠍のエリアも
無事に突破できたのでございます

しばらく来ないうちに
蠍なんかがメチャ弱くなっていて
ワタクシも
少しは強くなっておりました(感涙

ゆっくりとした歩調で歩く すぅざんを待ち
蛇おねぃさんのエリアへ差し掛かった時
そういえば、と思い出した事があります

以前
蛇を必死に狩っていたその場所で
一人で交易をしながら通過していく方を
よく眺めていた事があります

あの時は赤蛇おねぃさんさえ怖かった
若かりし頃のワタクシ
こんな場所を一人で交易してくるなんて
すごいなぁ (;゚д゚)
といつも商人さんを見て思っておりました

あのコロのわたす

それを今 自分が遣っているんだという事が
その時すごく実感となって沸いてきたのです

成長した自分おめー (´∀`) 笑

無事に敦煌へ

そうして無事に敦煌の門を
くぐる事ができたのでございました

はじめましてw

敦煌では初めて遭遇できた方に
ヲ声をかけて頂いたりして
一人旅の励みになりましたw

来たついでですし
今度はマッタリと久しぶりに
長安方向へのルートを進む事にしました

またーり

長安への道で盗賊を退治した後に
フと我にかえるとヲ共が一人増えています

誰?

立ち止まって佇む只の藁人形でございました
ああビクリした (゜ロ゜)
きっと一緒に旅をしたかったのやも知れません

無事に長安へと到着し
街を見下ろしながら
その閑散とした雰囲気が少し寂しくなったり
ワタクシが初めてこの世界に入ってきた時には
もっともっと沢山の人でごった返していた長安

久しぶりの長安

一番大きい街なのに
こんなに綺麗な街なのに
勿体無いのでございます (´・ω・`)

生まれ故郷の長安に一泊したワタクシは
次の日折り返して 長安 →敦煌 →和田 への
交易へと向かったのでございます

帰り道も来た時と同様に何もなく
マッタリと過ぎる予定でございました



ワタクシの恐れていた事態に陥りました

赤蛇蠍の場所でジャイアンに目を付けられ
容赦のない攻撃を浴びてしまったのでございます

ラクダなら攻撃は耐えられるし
面倒だから放っておいて逃げようとしても
赤蠍Gのタゲはデカすぎるので
逃げ道がございません

マンドクセーな~と思いながら
早く終わらせる為に攻撃していると
その間にNPC盗賊が現れてしまいました
ジャイアンからタゲが外れないので
盗賊を蹴散らす事さえできません
少しピンチに陥りました

そして温泉を出すのも忘れたまま
なかなかチなないジャイアンを叩いていると
今日もドSな神様はワタクシの元に
チビ赤蠍を2体召喚させ
更に後ろからは馬蜂1匹ともう一人のNPC盗賊も
派遣社員として送り込んだのでございます

(゚д゚) !!!!!!!!!!

ぎゃあぁぁあ ( ゚д゚)

もう大人気でございます(笑

こういう時に闘神さえ貯まっていないワタクシ
そんなネタ人生に乾杯 (・∀・)ノ

ここで仮に
もう一体ジャイアンが現れていたら
多分生きては帰れなかったやも知れません;

しかし何とか窮地を脱したワタクシは
命からがらワダへと到着できたのでございます
(さすがにチぬかと思った (*´∇`*;)

ヨボヨボで到着

それにしても美白なラクダは
本当に逞しいラクダでございます

三つの街を行き来した最中や
ジャイアン達に取り囲まれた最中にも
エサは一度も食べずに無事生還致しました

驚異的な生命力に脱帽でございます(笑

1人と2匹の旅終了

今回のチキンな旅は
過去の自分の思い出を辿った旅

ラクダも逞しくリニゥアルし
これからもチキンっぷりを発揮しつつ
小銭を稼いでいこうかと思われます (*´ー`*)

☆1でね
雪原でヲ花摘み
2006年04月14日 (金) | 編集 |
狩り場の上のほうに廃墟がありました

廃墟を見回り

疲れたのでお邪魔して
一休みしようとしましたが
扉が閉まっておりました

不良の溜まり場になるといけませんので
戸締りがシッカリと施されております
この廃墟の大家さんは
シッカリ者のようでございます

そんな道草を繰り返しつつも
狩りに勤しんでいる最近ですが
またも嬉しい名乗りがありました

メイさんの名乗りw

ギルメンのメイさんが
虎女のハートを射止めたのでございます
おめ―(・∀・)―w

今だユニークモンスタァを
一度も狩れていないワタクシは
相変わらずマイペースに
狩り場でマッタリと過ごしております

金猿人はアクチブではないので
黙って座っていれば襲ってきません

きんきん

のそのそと歩く金猿人を
「なんだ この猿は」 と
どらみも珍しそうに眺めておりました

カラコラムへ行く通り道になっている為か
その狩り場には通行人の方々が多いです

ヲ声w

こちらもヲ声w

奥地の隅っこでコソコソと狩りをする
コッソリ症候群のワタクシでございますが
狩り中や通りすがりに立ち止まって
ヲ声かけて頂けるのはホント嬉しいです (・∀・)ノ

それから前に街でヲ声かけて下さった
○ッ○ー部隊のあの方とも
狩り場でご挨拶を交わしました

ヲ約束w

ヲ約束のご挨拶でございます
(ギルド名バレますが何か (・∀・) 笑

多少 猿人の濃ゅい顔と図体のデカさに
飽きてしまったワタクシは
爽やさと冷ややかさを求めて
少し雪国へ出張しようと試みました

雪原は少し心細いので
ロックさんの後ろについてゆく事にしました
強い者には巻きつこう精神でございます

パン切りナイフ

既にロックさんは両肩へ
派手な 立派な太陽を二つ浮かべております

自慢の槍はピカピカになっていますので
その強さを 利用 駆使して頂いて
雪原を案内して貰う事にしました

初めて間近で見させてもろた7級の槍は
8ちゃんに聞いていた通り
「パン切りナイフ」 のような形
パンが良く切れそう
すごくカッコイイ槍でございますw

ちょっと氷のヲ花を狩ってみよう
と思い立ったワタクシは
白い蜘蛛や青い蜘蛛を避けて進み
雪原に咲くヲ花の所に向かいました

初めて見ましたが
青くて氷が舞っている
綺麗な綺麗なヲ花でございます

氷のヲ花

しかしビキニを着ているとは
ワタクシでさえ想像しておりませんでした
ワンピースではいけなかったのでしょうか?

吹っ飛んでくし

試しに狩ってみましたが結構イケました
倒されて吹っ飛ぶ様が
少し痛々しいと思ってしまうのは
ワタクシだけではないハズです

氷花ちゃんぷ

そのあと出現してしまったチャンプにも
頑張って立ち向かってみました
身体の硬さが幸いして
中ポットだけでも何とか狩りは
できそうな手応えでございます

あと一つレヴェルが揚がったら
今度は本格的に氷のヲ花を狩りに
この地へ来ようと思われます

そんな最中
波ちゃnも雪原へと遊びに来られ
凍らない身体の効果を発揮すべく
白蜘蛛に挑戦しておりました

目を放した隙に
HPが殆ど黒く染まっていたので
慌てて粘着ヒールを繰り返しましたが
白蜘蛛の凍結攻撃などには屈せず
無事に倒しておりました
凍らないの羨ますぃ (´Д`

凍らないのうらやまw

白蜘蛛は範囲攻撃らしく
闘っていなくても近くにいるだけで
ダメージや凍結攻撃がキてしまいます

ロックさんが戦闘中の波ちゃnの隣で
見事に凍結していたという事には
敢えて触れないでおきましょう

そんな感じで気分転換をしていると
とうとうゴルチェケが終わりを迎えました
時間に追われて頑張った約1ヵ月
少しココで小休止をして
マッタリ狩り&マッタリレヴェル揚げを
楽しむ事に致します

時間に余裕ができたので
ワダの河のほうへと観光に行ってみました

高い所しゅきw

どしゃ降りの中でも高い所に登って
雨滴に煙る滝と建物を眺めました

いつも通っているハズの渡し口も
よくよく見てみると
やっぱり綺麗な場所でございます

トリ。。

足元で動くトリの可愛らしさに見惚れ
しばし佇んでいたりもしました

しかし端から見ると包丁を持って
トリを待ち構えているようにも見えます
決して〆たりはしておりません

風車

渡し口の裏手には立派な 風車 水車もありました

ぱらそるぅ

船着場のパラソルの下で
船を30分ほど待ってみましたが
いっこうに船なんて来やしません
しかしこのパラソルは気に入りました(笑

その周辺には
ほぼ人も敵も居ないのですが
そんな綺麗な場所が多く見られます

滝

大きな滝を眺めながら
マイナスイオンを存分に浴びて
心もヲ肌も健やかになりました
またマッタリと頑張っちゃおっかな

しかしこの後 滝に近づきすぎてしまい
重すぎてパニクッてしまったのは
いい思い出でございます(笑
狩りバカ日誌
2006年04月10日 (月) | 編集 |
「そこのさる カネだしな」

恐喝

ヲ猿と仲睦まじくSSを撮ろうとしたら
曲刀で猿を恐喝する姿になっていた罠

何故きゅうにそんな事を思い立ったのか

実はワタクシ
何とヲ猿を一匹購入する事に
成功した次第でございます

ギルメンのエンさんが
ヲ猿を欲しがっていたワタクシの為に
遠い国から捕獲してきて下さいました(笑

社員価格

実なめ社員価格で安く分けて下さったので
とても手が出ないと思っていたヲ猿が
めでたく手に入ったのでございます
MAX嬉しいぃぃ (;∀;)w

名前は 「どらみ」 にしました
国民的アィドルキャラの妹さんから
その名を拝借したのです

名前を 「ハマちゃん」 にして
スゥさんハマちゃんで
釣りバカ日誌風にしようか、
とも迷ったのは内緒でございます

がわいぃぃぃ

律儀にワタクシの後をついてくる
その姿が何とも愛らしくて

ワタクシのハートを
ガクガク (((*゚д゚)))
と揺さぶるのでございます

そしてエンさんのヲ共は
「せんべい」 さんですw

せんべいさnw

名前を迷っていたエンさんに
「マシリト」 が良い
と言ったワタクシの提案は
却下されてしまいました

それから
ワタクシの持っている曲刀が
何故 桃色に染まっているかと言えば

印章キター

これもまた
ギルメン波ちゃnのご好意で
レンタルして頂きました (´Д`*

波ちゃnが装備できるようになるまで
期間限定で遣わせて
下さったのでございます

印章曲刀オーナー気分を満喫 ヽ(*´ー`*)ノ
(なんちゃってオーナー ☆ 期間限定

猿人を狩っていたワタクシの元へ
波ちゃnがみかんちゃんと一緒に
印章曲刀を届けに来てくれて
ついでに猿人も狩っていきましたw

初猿人おめw

故バキュン隊長よりも
スッカリと年上になった波ちゃnは
裏技によって身体が凍らなくなり
『凍らない さざ波』 の名を
ほしいままにしております

剣盾氷も白蜘蛛も
波ちゃnの前には歯が立ちませんが
火力による火傷には
弱いようでございます(笑

そんな有り難いご好意を受けつつ
日々を満喫するワタクシに

生ww

初めてヲ会いした方から
生激励を頂けたりして
新鮮なまま
生々しく生きているワタクシ
腐敗しないように頑張ります (・∀・)ノ笑

時おり躍動的になるワタクシは
ココで少し経験地を稼いでおこうと
猿人を狩りまくりまくったのでつ

猿人な日々

猿人はオレンジネームで
時折クるクリティカルが痛いです (´Д`;
ポット消費が半端ないくらいですが
経験地的にはとても ウマィ奴

ヲ金は減るイッポウですが
経験地はグングンと入りますので
とりあえずGチェケが終わるまではと
猿人の暑苦しい胸板に
飛び込んでゆくのでございます

それにしても  デカ ( ゚д゚) !!!!

普通の猿人でも
ジャイアンくらいのデカさがあり

ちゃんぷ?

チャンプも並々ならぬデカさでございます
この後本当のジャイアンに遭遇致しましたが
画面上では腰から下しか映っておりません (゜ロ゜;)

しかし彼ら猿人に
一概に言えるとすれば
身長は高いけれど
股下は短いという事でございます

ジーンズを買う時には きっと
「裾揚げキボンヌ」
と言いそうな具合でございます

そんな猿人の狩り場がある出口付近で
猿人の居る斜め斜面に酔った
と言うQちゃんとヲ話していると

れくしーに会いました

れくしー

実なめギルメンに ぷち粘着していても
会えば必ず妙で丁寧なゴ挨拶をしてくれる
そんな律儀な れくしー(笑
今度一緒に遊びましょうねw

猿人の強烈なクリで2回ほどチにかけて
ヘトヘトで街に戻ったワタクシへと

うれしす

元気の出るヲ言葉をかけて下さった方
ありがとぅございました (*´ー`*)ノ

チェケ時間に追われるように
山の奥地でモクモクと狩りをするけれど
ヲ共の どらみが居るので
少し寂しさが紛れたりします

雪の国がすぐ近くに在るその場所は
粉雪が舞い散ります
♪ 粉ぁああぁあぁぁぁ雪ぃいぃぃいぃぃぃ ♪

寂しくないね

その雪を暫し一緒に見上げながら
寒さを忘れて見惚れていました

どらみとも期間限定の
付き合いかと思いますが
少しの間
一緒に旅をしようかと思われます

ヲ空のうえに

ここでプロフィール

どらみ ♀ 2歳
好きな食べ物 : きむち鍋
好きなタイプ : 福山 マサ○ル

よろしくねw
クェ復活
2006年04月06日 (木) | 編集 |
山のてっぺんが好きなワタクシ

てっぺn

すぐ高いところに登りたくなり
見下ろす事に至福の喜びを
感じる訳なのでございます

しかしこの後に下からクモが
「俺様も高いトコ好き」
と言いながら登ってきて
ワタクシに瀕死の重傷を負わせました

登山も時と場所を選びたいものでございます

無事にクェが復活した今日この頃
赤いヲ猿を狩り込んでおりますが
久々の紫コブクロは嬉しさヒトシオです

あと何パーセンツ
あと何パーセンツ
と経験地ゲーヂを見ながら
只管狩りをするのは
少々辛い日々でございました

今まではクェを中心に
レヴェル揚げしていたものですから
紫コブクロを収集する事だけを
目標にしていた感もあります

ゴルチェケのヲカゲ様で
その冬の時代を何とか遣り遂げたワタクシ
猿だらけのワダ周辺にて
地道に狩りに勤しんでおりますが何か

赤猿はGやチャンプがすごく頻発するので
一日にGを10匹くらい狩った事もあります

たまたまヲ近くで狩りをされていた
それはそれは可愛らしい女性が
G戦中に何度も回復をしてくれたりして
とても助けて頂きました
ありがとぅござぃましたぁ (´▽`〃)

それから
近くで偶然に狩りをしていたINさんも
ワタクシがG戦をしている最中は
粘着ヒール(本人談) をしてくれたり(笑

粘着ひーるwww

皆様の暖かいヲ気遣いを受けつつ
何の変哲もない曲刀使いのワタクシは
今日も命びろいをした訳でございました

そして赤猿の狩り場で
イソイソとコブクロを収集していたワタクシの元へ
コマさんが護具のフル装備を
ヲ披露目しに来て下さいました

ヲそろぃ(´Д`* ハァハァ

お揃いの護具になった暁には
見せて下さいとお願いしていたので
約束を果たしに来て下さった訳でございます

腰の文様がヲ揃いです
おもわず一緒のSSを撮りましたw

黒鳥を手品のように出せるコマさんは
名前をつけて可愛がっておられます
鳥の 「ササミ」 さんです
マント戦の時には
よくササミさんに突かれます(笑

最近はヲ猿さんの 「ポスカ」 も従えて
コマさんの周りは動物で賑わっております

ポスカちゃn

ますます強く逞しくなるコマさんですが
赤猿に攻撃されてHPメーターが
3分の1に激減していたのは秘密です

それにしても街の周辺での狩りは
やっぱり楽でございます
疲れたらすぐに街へと戻れるし
薬が切れたら補給するにも楽です

タリム盆地で狩りしていた時には
行くにも戻るにも遠くて
帰還書が底をついていた具合でしたが
最近は帰還書も使わずに済んでおります

ワダに戻るとイロイロな方にヲ会いし
最近ワダへとヲ引越しを済ませた
元ギルメンのQちゃんにも会いました

印章まにぁw

見事に輝く月印章大刀を
ぷち自慢されました (´Д`*

値段を聞いたら (; д ) ゚ ゚
目ん玉が飛び出そうになったのは
言うまでもありません(笑

それから見ず知らずのワタクシに
ヲ声をかけて下さる方が居たり

こそーり

こっそり見て下さっていたのですねw

がんがります

嬉しい限りでございますぉ(・∀・)ノ

このような中途半端なネタブログを
見て頂けてゴ感想を頂けて
本当にありがとうございます (;∀;)感涙

このご恩は 忘れるまで忘れません
生涯忘れません (・∀・)ノ 笑

露店を巡回していると
ヲ知り合いの○○さんにヲ会いしました
SSをちょと撮らせて頂いたりしましたw

サっちゃn

名前を出してゴ迷惑になるといけませんので
愛称を色々と考えてもいたのですが
『サッちゃん』 しか思い浮かびませんでした

しかしサッちゃんなんて呼んだら
無言でツララが降ってくるやも知れませんので
敢えて○○さんにしようかと思われます(笑

ワタクシが一番装備してみたいなぁと思っている
曲刀と盾を既に装着されているこのヲ方
その強さは曲刀使いのワタクシにとって
憧れの存在でございます (*´ー`*)b

ああワタクシがこの曲刀を持てる日は
一体いつの事でしょうか

そんな遠い未来に思いを馳せながら
春花が咲き乱れる故郷の長安で
ギルメンさんたちとヲ花見をしました

ぬこちゃn

この日は初めてメイさんトコの
「ぬこ」 ちゃんにも会えましたw

ヲ花見

桜を見ながら呑むヲ酒は
やはりポン酒でせうか
それとも焼酎でせうか
ポン酒なら国士無双あたりが。。

花を見るよりも酒を想う
そんなワタクシでございました(笑
おさるさんと一緒
2006年04月02日 (日) | 編集 |
実はワタクシ

白馬のヲゥヂたま

白馬に乗れるヲ年頃になりました

最近 おのれのレヴェルを晒すのを辞めましたが
ワタクシの格好で大体をヲ察し下さい

前に買ったGチェケを41歳から使っていますので
レヴェルぅpは多少ラクになっている昨今

しかし何をするにも
人様より格段にトロぃワタクシは
やはり今頃になってやっと
白馬を操る事に成功した次第でございます

馬もラクダも美白で逞しく生まれ変わり
交易も少しラクになる訳でございます
美白マンセー (・∀・)ノ

Gチェケのありがたさを崇めつつも
時間の無さに毎日2時間を軽く捨てつつも
強く硬く生きているワタクシの日々に
新たな喜びが

波ちゃnおめめめw

何とギルメンの波ちゃnが虎女を討伐w
ああ、ワタクシが願い続けた文字が
突如狩り中に浮上した訳でございます
波ちゃnおめー (´Д`*

それからつい最近は

ロックさんおめw

マスタのロックさんが ぅるてぃを討伐w
その画数が多い漢字四文字のヲ名前が
堂々と全国に轟いたのでございます
念願の ぅるてぃ遣れてヨカタですね (´∀`)

そんなワタクシは未だにユニークを
一度も狩った事がございません

攻撃力が少ない自分は無理かも~
とかいう思いもありますが、
それよりもユニークを見つけ出して
その場所に行き着く事のほうが
ワタクシにとって至難の業でございます


それから最近は
ヲ猿さんが沢山街中にいらっしゃいますね
ゲィムを ぷれぃしている皆さんには
賛否両論ではございますが
ワタクシはこのヲ猿さんが
可愛くて仕方がございません (*´ー`*)

ギルメンさん達も
ヲ猿をヲ供にしている人が増殖中

ごまたnw

初めて間近で見たヲ猿さんは
8ちゃんトコの 「ごま」 ちゃんです

拾

ごまちゃんがヲ金を必死で拾う所を
8ちゃんが見せてくれました

走り出すゴ主人様の後を
必死でついてゆく姿が何とも
くぁわぃぃぃぃぃ (´Д`* ハァハァハァ

いいなぁ
いぃぬぁぁぁ
くぁわぃぃぬぁぁあぁ

そして
波ちゃnトコの 「みかん」 ちゃんも居ます

みかんちゃnw

偶然にも何やらワタクシの傍らに
寄ってくる事が多い みかんちゃん
さざ波みかん
何とも美味しそうな名前でございます

そんな仲間が増えた日
全員で久々に交易をしようという事になり
敦煌からワダへ行く事になりました

ひさびさ

徐々に平均レヴェルが揚がっている この頃
ラクダに乗りっぱなしじゃなくても
ほぼ全員がワダへと
徒歩で行く事ができるようになっています

動物王国

揃って交易するのも久々ですが
ラクダ1匹 馬2匹 ヲ猿が2匹 黒鳥が1羽
動物のヲ供も沢山従えた
賑やかな旅の始まりでございます

メイさんがラクダで
8ちゃんとワタクシが馬
他の人はハンタで行く事になりました

メイさんのラクダが☆5辺りだったらしく
盗賊がこれでもかと言うくらいに沸きます

わきすぎw

沸きすぎでございます(笑

皆さんが守ってくれているので
平然と乗りっぱで進むワタクシでしたが
フと横を見ると盗賊が一人残っていました

「これはイカン」 と思ったワタクシは
馬を下りて退治しようと思い立ちましたが
よく見ると盗賊姿のまま護衛をしている
コマさんでした

危うく曲刀で突き刺してしまう所でした

蛇おねぃさんくらいまでの箇所は
無事に到達できたのですが
やはりメイさんのラクダが狙われ
赤蛇蠍の所でPC盗賊によりハンタ全滅

☆1だった8ちゃんとワタクシだけで
先を急ぐ事になりました
やはり一番厄介なのはPC盗賊でつね~ (´Д`;

ぶぢ到着

後から皆も追いついてきてくれて
無事ワダに到着 (・∀・)ノ
その後はまた折り返して
敦煌へと帰還致しました

久々にみんなで交易をして
みんながすごく強くなっている事にビツクリ
ワダまで難なくハンタをこなしておりました

そんな皆さんの勇姿を眺めながら
タゲるのも反応も鈍いワタクシは
やはりハンタには向いていないのだと
改めて判ったのでございます(笑

ヲ声w

ありがたぃw

交易中に訪れた街中では
有り難いヲ声も頂きましたw

タゲるのがヘタでもいぃ
狩りがトロくてもいぃ
多少 天然でもいぃ
そんなワタクシ 逆にオモロィ

ヲ花畑w

そう自分に言い聞かせながら
今日もワダの綺麗な花を
愛でているワタクシでございました (´▽`〃)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。