スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめに。
2017年05月11日 (木) | 編集 |
このブログはシルクロードオンラインに居座っている
我がキャラクタア 『 スゥ 』 が歩んできた道程を
過去と現在を織り交ぜながらほのぼのと綴っております。

退屈で面白くありませんが、退屈で面白くないぞゴルァァァ
と思いながらドゾご覧下さい

一言 : ゲイムの中まで本当に方向音痴の奴なんて、い、いる訳ないよ
スポンサーサイト
この道をゆけば
2012年05月12日 (土) | 編集 |
左ウチワというのは

左手でウチワを仰ぐことをいうのであり

右手でも左側でウチワを仰いでるのは
何ウチワというのだろうか

小玉ですがなにか

それよりも
ウチワを持つ彼女のドヤ顔が
脳裏にこびりついた昼下がり

ちまたではフェローズなる
ペットが販売されていますね

オオカミ乗物化促進委員会発足

騎乗ができるんだなーと
羨ましくなりましたので
うちのオオカミのあんずの背中に
今度ハンドルでも糊付けしてみようと
心に決めたワタクシ

そんな風に新しいシステムができ
新ダンジョンも増えたシルクロウドですが
やはり寂しい状況は否めないですね

当初から居る者としましては
ログインしてから小一時間
白チャや全チャが一切無いことが
色々なものを表しているように感じます

しずかなチャット ( ´・ω・`)

以前は山奥で狩りをしていれば
全チャでどうでもいい話を繰り出す人もいて
よく笑いながら狩りをしていた記憶 ( ,,>з<)ブッ`;:゙;`;:、

そして街中では雑談やギルドの勧誘が
白チャでポンポンと飛び交いながら
騒がしくも楽しい賑わいを見せていた

やはりオンラインゲームというのは
構築するのはプログラムですが
世界観を作り上げるのは
ぷれいする人々なんだと思えます (/ー\*)

活気を味わいたくなると
少し他所へと赴いちゃったりして

(あ

注:プライヴァシー保護(ぁ

そんな気持ちを引き止めるために
風船なんかを無料で配るなんて
そんなのは通用しませんね

風船がふわふぁ~ (*´ω`*)

ぜんっぜん、嬉しくなんて、
な、ないんだからねっっ (`Д´*)

そんな 風船に癒された 話はさておき

少し前に開催されたユニークイベントに
時間が合ったのでちょっと 死にに
行ってみることにしたワタクシ

まだ見れていなかったユニークも
自分よりも高レヴェルの場所と
適正レヴェルの場所とを行き来し
沢山見てくることができました (・∀・)

例のうし

うわさの牛魔王とか

金色の派でなおやじ

なんだか金色の おっさん

二重アゴとヒゲ

あごヒゲを綺麗に整えている
見た目よりも手先が器用な人とか

火は吐かないでね

ロケットパンチかこいい (〃'∇')o

ガメラとかロケットパンチとか

すごいねー
初めて見たのばっかりだよ (*´ω`*)

それからこんなのも

((((;゚д゚)))) なんじゃこりゃあぁああ

デカ ( д) ゜ ゜

ロック会長よりもデカくて
見ただけでショック死しました ( ´・∀・)ゞ

見学したいだけの人は
安全圏があるとか
チなない透明薬があるとかだと
違う楽しみ方もできて便利ですが
仕方がございません

それでも見てみたい野次馬根性 (`・ω・´) シャキーン

そんなワタクシのプロ(?)根性が実を結び
とうとう大変シャイなあんちきしょーが
目の前に現れたのでございます!1!!

初めてお目にかかれました
ガキ大将のシャイタンリサイタルを
特等席でかぶりつきでございます

命長くあらば
いつかは望むことを成し遂げられる
ということわざもありますが
本当にそうなのでしょうね

シャイなあんちきしょう

↑ かぶりつきの最前列で命が散った瞬間

シャイタンはこんな服着てたんだ
やっと拝めました (*´ー`*)

そんな出会いを味わったワタクシは
もうひとつ見てみたかった存在に
先日会うことが叶ったのでございます

匿名希望 (・∀・)

(土■村にお住まいのパ●ットさん17歳 / 趣味:徘徊)
 注:プライヴァシー保護2

ある日 露店を物色しておりますと
土鬼村の次元ホールが売っていたもので
レベルも★1だし行けそうだと思い
早速購入したのでございます

土鬼村へ行けるのは35-70レベル
スゥではもう行くことができませんので
こんな機会が巡って来た時のために
セカンドを35レベルに上げておいた次第

(´∀`o)つ 開封

さっそく次元のホールを開封し
入り口を作成いたしました

青い飴ちゃん出現

安全地帯で開封いたしますと
青い飴玉が出てまいりますので
クリックし移動を選びます

あのエンビーという
かわいくもなんともない ネズミを倒すと
カギを落とすのかと思っていたら
落とすのは青い飴玉なんですね (・∀・)

一人で狩りをしてエンビーを倒し
これを得るには運もありますが
危険も伴ないますので
やはり手に入れるのは至難の業

手に入った事をありがたく思い
次元をくぐり抜けますと
開けた場所に立っておりました

ツンデレ出口

ダンジョン出口がすぐそこにありまして
「 帰りたいときは勝手にここから帰れよ ( ゚д゚) 」
という素っ気無さがじわじわと伝わる風景

「 でも気をつけていってらっしゃい (*´ω`*) 」
という優しさも持ち合わせているのであろう輝きは
ダンジョン出口のツンデレっぷりを表現

物言わぬ出口の喜怒哀楽まで考える妄想癖を捨て置き
ワタクシは意気揚々とイバラの道を進んでゆきました

あの出口があった場所に
モンスタはおりませんでしたが
道をすすんでくると
包丁を持ったあの足の速い土鬼や
力士土鬼や土鬼呪術師などがひしめき
それらはすべてアクチブモブです

やはりギリギリ35レベルにはキツイですね
それも本来ならパーティー推奨なので
一人はオヌヌメできない場所でごじあます

しかしパペット土鬼を間近で見るまでは
俺様にホントウの死はないぜ (`・д´・)9m びしーっ


かっこうつけてはみたものの
また軽くヌコロされる始末 (@´Д)(д`*) ヤーネー

しかしながら 危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が
道となる訳なのでございます

腐敗のくりかえし

チんでは生き返り腐敗を繰り返しながら
とぼとぼと曲がり角やデカい門をくぐり
やっと目的地へ辿りついたのですが

迷ってなんていない ( ゚д゚)

たぶん一番駐屯地というのが
入ってきた場所だと思いますが
どうやってどの道を進み
どうやってどこを曲がり
そしてどうやってここへ辿りついたか

それはきっと頭上に輝く
あのまぶしい太陽だけが
知っているのやも知れませんね

道順なんて知ラネエよ ヽ(`Д´)ノ

ここいらも40レベルの土鬼ばかりで
やっぱりすぐにヌコロされてしまいました

パペットだらけ (n・∀・)η

でもソコにもココにも
パペット土鬼がいっぱいおります
直接見れて感激でございます

自分も40レベルなら闘うことも
できたかも知れませんが
それはまた次の機会にするとしまして
地面に横たわったまま観察いたしました

パペット土鬼というのは
歩く時は両手をウラメシヤと挙げ
立ち止まると棒立ちなのでございます

もっと小さいのかと思ってましたが
けっこう大きいんですね

小でぶってよくね?

全体的なフォルムは
かの ケ★ロ軍曹に似ているような
いや ク◎ル曹長かも知れません (*´ー`)

少し体脂肪率が多い感じが否めない彼ら
その小でぶっぷりがやはり可愛らしかった
Σ(ノ∀`*) ペチ

そしてめでたく34レベルへと
格下げされたワタクシでしたが
大変満足して帰途へつきました

今回どっちもチんでばかりで
狩りで稼いでいた数日分の経験地は
泡と消えてしまいましたが

ちょい悪かんがる (*'▽'*)

たまには色んなものに会いにゆくのも
楽しいひとときでございます (。ノω`。)
可愛いって大事
2012年01月12日 (木) | 編集 |
2012年も あけましたね

皆様にとって
おだやかなる良き年でありますよう
こころより おいのり申し上げます

めりーにういやー (n・∀・)η

そんな おごそかな年の幕開けにも

しばらく 使い回しの ツリーを飾りつづけ
新年も めりーくりすますでお茶を濁す
我らがシルクロウドオ●ライン (伏字にしてみた

ワタクシはと申しますと
たびたび時間を見つけては
チビリチビリと狩りもしておりました

取りこぼしていたクエを地道に消化し
経験地を得るため 砂漠へとでかけ

駒回し ヽ(’А`)ノ(А`ノ)ヽ(   )ノ(ヽ’А)ヽ(’А`)ノ

将軍をすっとばして 遊んで まじめに狩りをし

ほんっと勘弁してください by将軍

時には 土下座なんかもさせて
その男心を手玉にとった 輝けるあの日々

レヴェル上がったよママン

やっと一個だけレベルが上がりました

シルクの世界観を楽しむための狩りなので
こんなペースでも ちょっと嬉しいレベルうp

ひろったオサレな鎧肩も着てみた次第

オサレな肩パッド ☆-(ノ゜Д゜)八(’А` )ノイェ―ィ☆

生え出た牙の存在を忘れて振りむいた時
頬に突き刺さって大怪我するんだろうなとか
想像できても 敢えてスルー

こういう時
過疎化がすすむゲイム内で
一番困ったなあと思うのは

ワタクシのような低レベルになりますと
このレベル帯の人口密度が少ないので
レベルに合った良き装備が
なかなか手に入らないことです

前は 防具屋なんかで買うよりも
もっと安値で良い品が売っていたのですが
今では普通の装備をそろえるのも一苦労

仕方ないんですけどねー (´・ω・`)

まあ お洋服が変わるのは
喜ばしいことでございますから
気を取り直して狩りを再開

ゆっくり狩りをしながら
ロック山の峰にも一人で登ったりして
観光できるようになってます

ヽ(´□`。)ノ・゚ タツケテエエェつつかれる

このあと 近づきすぎて守護ロッキーに
追いかけ回されたなんてことは決してないです

ヽ(´□`。)ノ・゚ タツケテエエエェ

そしてそろそろアンテロウプ地帯にも
あまり怖さを感じなくなってきています

でもまだアクチブのアンテロウプは
ワタクシの手では捌ききれないので

ノンアクチブのノック師匠を一匹ずつ
休み休み マッタリ狩りを遂行

そんな優雅な狩りをしていた所

初めて次元の柱が目の前に出現!

ソロ狩りだと出る確率が
極端に少ないらしいですし
ワタクシ自身も初めて出せました

デタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!

ほんとに 飴玉みてえ
(n・∀・)η 苺味かしらぁぁあ

これを壊してネズミを出して。。。
だったハズなので
ワクワクしながら叩いてみた所

エンビーなるネズミが
ブワッと5、6匹湧きまくり

持っていた大きな鍵で殴ってくるという
軽い殺戮が繰り広げられてしまいました

( ´;゚Д゚):゙;`;:゙; ブハッ !!

ア゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙(´Д`; あんずまで

数分前まで穏やかだった狩場にて
まさかのシボウでございます

エンビーがワタクシのレベル+8の
チャンピオンという真っ赤な高レベル

沸いても2匹くらいだろうと思っていましたが
(2匹でもシボウすると思うけれど)
こんなに沢山沸くとは 誤算でした (´Д`;

少し散らばって離れた隙をみながら
巻物で起き上がったワタクシは

よくもヌッコロしてくれたな
俺様の強さ ミ セ テ ヤ ル (`・д´・)9m ビシッ
と決意を新たにし

遠くからセコセコと近寄り
一匹ずつおびき寄せて狩るという
チキンっぷりを発揮しながら討伐
(2匹だとシボウしちゃうので)

硬さは ノック師匠のG並で
攻撃力はもっと痛いこのエンビー

-y( ̄Д ̄)。oOo

めんどくせーから鬼ってタコ殴りですたが
煙管をくわえて闘うという余裕っぷりは
どんな可愛さアピールでございましょうか

(,,#゚Д゚):∴;'・,;`: 可愛くねいぞ ゴルアァァァァ !!!!!

もっと、めるへんで ふぁんたぢーで
ちゃーみんぐなネズミを想像していたのに
こんな凶暴なネズミだとは知りませんでした

再びチぬ一歩手前になりながら
なんとか一体一体倒していきました

フー ツカレタ (*ノωヽ)

もう二度と一人では
次元の柱なんか叩かねーぞと誓った
あの 草原の夜明け

結局 次元のカギも落とさねーし (´;ω;`)ぶわッ


血みどろの惨劇のお口直しに
去年見た花火のうつくしい映像を

(*´ω`*)きれいねえ

時間があったので行ってみた花火大会
シルクの花火を 初めて見たワタクシです

ちょっと小さめでしたが 綺麗でしたねえ (*´ー`*)

そして GMのオニガーも
間近で初めて見ましたよ

オニガーらしいお

常に虎の帽子をかぶっているようで
割と小柄な気が致しました

小さくても可愛いという訳ではな (以下略

オニガーは いつもしゃべり方がなんだかアレなので
思わずアレに アレしたくなりますけれどNE~(ぁ

それでも オニガーは大人気のようで
皆から質問責めにあっていました

質問多すぎだよNE~☆

質問が尽きないようなので
早く花火を始めてあげないと
終いには 今日履いているパンツの色まで
聞かれてしまいそうな勢いでございます

着席にて観賞

会場にはいっぱい人が集まっていましたね
ワタクシも初花火を静かに座って堪能

花火って、ヨくね?(´∀`)

暗くなりかけた空を飾った花火は
やっぱり鮮やかで綺麗でした (*´ω`*) NE~☆(ぁ


そんな日々にフと 始皇陵って
そろそろ行っても大丈夫じゃね?
と思い立ったワタクシ

試しに行ってみることにしました

始皇陵の奥には
石窟の入口に似た あの魔方陣ががが

祈り子の部屋への(ry

ワタクシてっきりこの下には
召喚獣が眠っていると思っておりましたが

ナイツオブラウンドオォォ_...〆(゚Д゚d) ← マテリア

じめっとぬるっと

召喚獣は見当たらず、その中には
大広間が存在しておりました

奥まですごく広いらしいのですが
まだまだ入口でも危なっかしいワタクシ

調べてみますと 入口付近でも
アクティブモブだらけらしくて

とりあえず顔がこわいね

ちょっと一匹戦ってみましたが
いっぱい寄ってこられるとまだ大変そうでした
せめてノンアクチブだと良かったのに

こういう暗くてじめじめしているような場所は
嫌いじゃないので 残念です ( ´・∀・)ゞ

石窟と違い
広~くて圧迫感は無い場所なので
もうちょっと修行して
長居できるようになれるといいなあ

またゆっくりがんがろうと思われます


それから
狩場に雪だるまが出没してて
宝箱を必ず落としてくれるという
お得なイベントをやっておりますね

白くて丸っこい姿は 狩場の癒しにもなり
ワタクシも狩りをしながら
雪だるまを愛でて過ごしておりました

ずっとこういうマスコット的な
可愛らしい存在が狩場に出ると良いのに

なんて思いながら雪だるまへ近づき
嬉々として正面から見つめてみると

かわ・・・い・・い・・( ´゚д゚`)

・・・・・可、愛・・・い・・怖(ry

もうちょっと
何とかならなかったのでしょうか
Σ(ノ∀`*) ペチ
会長ロックコンサート
2011年07月30日 (土) | 編集 |
以前から 「ユニーク」 というのは
「面白い」 という意味かと思っておりました

あにき~ (σ´∀`)σ

でもユニークモンスターというのは
面白いことを一言も喋らないのに
なぜユニークモンスターなのかと
疑問にも思っておりました

そこでユニークの意味をよく調べてみますと
「珍しい」 とか 「独自の」 とかいう意味らしいですね

つまり
面白いことを一つも思いつく事のできない
とっても珍しいワタクシの某兄のような生物を
ユニークモンスターというのやも知れませんね

さっそくワタクシのこの手で退治しに行 (以下略

そんな実在のモンスターはさて置き

少し前になりますが
怪鳥ロックがパオ村に出現するという
レアなユニークイヴェントがありまして

あの のどかなパオ村に
凶暴なモンスタアが出るなんて

近所の公園で
サーベルタイガーが見れるくらいに
ありえないことでございます (`・ω・´)

もちろん
リアルロックも リアルサーベルも
見たことのないワタクシは

こんな機会は滅多にないぞと思い
時間に合わせてパオ村へと出かけ
怪鳥ロックを見に行く事に致しました

それにしても
いつも怪鳥と打とうとすると
会長と打ててしまう罠

変換まんどくさいので
もういっそ 「会長ロック」 で統一しる!
(`・д´・)9m ビシッ

その会長を倒そうと
楼蘭会員の皆様が大勢集まった会合で

ワタクシも会長の出現を
今か今かと待っておりました

遅せーぞ会長
どこ出んだよ会長

そうやって 文句を垂れ 期待に胸膨らませて
待ちわびておりますと

上から目線なのがバレたせいか

なんとワタクシの立っていた
すぐ隣に
ふわ~~~~っ
と出現した次第

ふわ~ぁ~~ ( д) ゜ ゜

近 っ っ っ  ( д) ゜ ゜

まあ、もちろん、1秒後には

瞬殺とはこういうことを言う

こんな感じでございますたが

何も真隣に出なくても
イイジャナ━━イ (*´∀`∩

しかし巻物を持っていったので
さっそく起き上がって
アタフタと全速力で遠のき
会長の全容を観察すると

すごい大きいんですね

会長の勇姿

オレンジ色でキレイねー (´∀`)

な~んて呑気に眺めていますと
いつのまにか再び地面に
寝そべっていたワタクシ

会長は、広範囲に攻撃を施し
周りを死に至らしめるという
とっても豪快で おちゃめな性格

その激しいシャウトと
地鳴りのやうな衝撃波は
音波ハブラシよりも
隅々まで的確にゆき届き

野外コンサートを彷彿とさせる
ハイテンションなロックンロール魂で
楼蘭会員の皆様方を終始圧倒

あたり一面を鳥だらけにし
真っ赤に萌えさかる様は
もはやフライドチキン状態で

手羽先が食いたい (〃゚Д゚)

小粒なワタクシなどは
とても太刀打ちできません

諦めて地面に倒れていますと
逆にとっても見ているのが楽ですね
再発見でございました ( ´・∀・)ゞ

そんな時、どこからともなく
「シャイタンも出た」
という叫びが聞こえてきました

ワタクシはまだ
シャイタンを見れたことがないので
一目見てみようと急いで起き上がり
近づいてゆきましたが
やっぱり何度もチんでしまうので

結局この日も遠~~くから
シャイタンの右斜め45度しか
見れなかったのでございます

悲しき遠距離恋愛 (;ε;`)・゚・。

これって
どんな遠距離恋愛なのでしょう (´;ω;`)

会長のコンサートチケットは入手できても
シャイタンリサイタルのプレミアチケットは
まだまだ手に入りそうにありません

そんな甘酸っぱい経験をした
ひとときでございました (*ノ∇`*)


そんな日々の最中
シルクロウド内では
いよいよサーバーの統合が
実行されることになりました

6つあったサーバーが2つにくっつきまして
ワタクシの所属させて頂いていた楼蘭は
黄河とインダスと統合されて
「ASUKA」 という鯖になるとのこと

へんこうりすと

楼蘭という名前がとても好きだったので
なんとなくさびしいですねえ (*ノωヽ)

まあ皆が離れ離れになる訳ではないですし
過疎っている部分が大きいため
少しでも活気が蘇るのは良い事です

でも、もっともっと
やり甲斐のある楽しい催しや
夢中になれる狩りシステムを再構築できれば
根本的な解決に繋がるような気がします

シルクロウドはキャラも景色も
とても綺麗で魅力的ですし
時折、やはり思い出したように
この世界を歩き回りたくなります

ですからずっと
シルクは有り続けて欲しいし
そのための工夫と努力を
頑張って頂きたいなと思います (/ー\*)

統合実行の前夜は
楼蘭への別れを惜しみ
ひさびさにインしてみたところ

ロックさんに偶然ヲ会いしまして
アレクサンドリア地方の
ヲ散歩へ誘って貰いました

ギルドの機能の 『召還』 というもので
レベルが低くても行けるとのこと

ヲヲヲ n・∀・)η
何と画期的な機能でございましょう
さっそくギルドへヲ邪魔させて頂きました

なじんだ名前を頭上に く(´▽`〃)

久々にこのギルド名が頭上に d(・∀・d)

テストサヴァでしか為し得なかった
エジプシャンになれたのでございます

ャタ━━(*´∀`∩(*´∀`∩(*´∀`∩)━━ッ!!!

やはり建物が芸術的でございまして

エジプトの風景

レベル制限があって
来れないのはもったいないくらい
色鮮やかで広い町でございますね

それに致しましても
この司書さんは
ナカナカのイケメンでございます

いけめんですねえ (´∀`)ノ)゚∀゚ )

しかしワタクシは
どちらかというと

☆-(ノ゜Д゜)八(’А` )ノイェ―ィ☆

こういうタイプの方がいいです
(〃゚Д゚) おおぉぉお キレテル キレテル

ジャニーズ系より レスラー系に
こころ奪われる 真夏の夜の夢

かかってコイヤー ヾ(´∀`@)ノシ☆.。.:*・°

アレクサンドリアの海底には
広い広い広場があるというので
さっそく (o・∀・)つ 追尾

皆様が迷子にならぬように

ワタクシ一人でも
迷ったりせず行けますが
他の方が迷子になるといけませんので
皆揃って案内をして頂く事にしました

迷子が出たら困りますしね (`・ω・´) ←

海底人がいる場所にも立ち寄りましたよ

美しすぎる海女?

そのいつでも素潜りが可能なほどに
ふぁっそなぶるな薄着を観察

そんな風にみんなで探索ができて
とても面白かったです (´∀`)
久しぶりのギルドを楽しみました

実なめの皆様、数時間でしたが
遊んで頂きありがとうございます ヾ(o´ω`o)ノ

そうやって再びヲ散歩する事ができたエジプト

港とヲ船

港にキレイなヲ船が沢山浮かび
豊富な水と降り注ぐ陽光に
大満足でございました

。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪

そうして鯖統合の前夜
最後の楼蘭の夜は過ぎ去り
いよいよ自分の鯖が
「飛鳥」 という鯖になりました

もしも統合した後に
キャラクターの名前がかぶっていたら
今までの名前も付けられないかも知れない

「スゥ」 という名前が使えなくなると
困るなーと悩んだワタクシ

けれど
もしどうしても 「スゥ」 にできなければ
「ズゥ」 でもバレないかも知れません

そうよ、きっとバレやしないわ (n・∀・)η

「 あれ?濁点付いてない? ( ´゚д゚`) 」
と言われたら
「 樹の精です ( ´・∀・)ゞ 」
と頑なに言い続けていれば
きっとバレませんよね!

きっと樹精

参照画像 (使用3回目) / 作画 : スゥ (ヒント:マウス画)

統合後に早速インしてみますと
幸いなことに自分の名前はそのまま
「スゥ」 で大丈夫でしたよ (*´ー`*)

ただペットの名前が初期化され
「名前無し」 になっていたので
早い者勝ちだったらヤヴァイと思い

思い出深い大切なヲ名前 (*´∀`)ノ ☆・゚:* ♪♪

焦りながら慣れ親しんだ
「あんず」 という名を
我がオオカミに再命名

3つの鯖が一つになった夜は
ワダも大変な盛況ぶりでございました


さいしょに住処を考える際
ROURAN 」 という地を選んだ日
昨日の事のように覚えております

それが運命だったとするならば
ココに居られて本当に
本っっ当に幸せだったと
いつも、思っておりました

楼蘭 ヽ(´□`。)ノ・゚ フォーエヴァアァァアァン

景色は何も変わらないけれど
楼蘭という名を忘れ去る事無く
これからも過ごして参りたいと思います

楼 蘭 フォ ━ ヽ(´∀`)乂(・∀・)ノ エヴァ ━ ☆゚'・:*☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。